阿片戦争(中) 風雷編 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.65
  • (5)
  • (12)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (627ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061311893

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中国近代化の闘い。漢族政権だったら、清朝勃興期だったら歴史は何か変わったのだろうか?

  • 非常におもしろかった。中央政治の腐敗、列強による国土侵略、文化の頽廃。中国のその後100年の道筋を決定づけることとなった歴史的な戦争、その不可逆的な時代のうねりの中にあって、波を利用しようと舵取りを試みる者、国を想い、未来に続く細い希望を見出し残そうとする者の物語。”疾風に勁草を知る”、決して現代では再現されない大局的物語を格調高い文章で追体験できる。

  • 香港赴任にあたり読んだ1冊。

  •  英国艦隊との武力衝突で全面戦争になりそうな様相なのだが、英国側も艦隊を呼び寄せたのはあくまで中国を威圧するだけの見せ掛けのつもりだった。本格的な全面戦争は両国とも望んではいない。旧態前とした穏健派の欽差大臣の全くの無策には辟易するが、ここで満を持して強硬派の林則徐が帰ってくるのである。

     下巻は物語の舞台、広州にて読み始めるとしよう。15日から3泊で香港、マカオの旅を楽しむ予定である。

  • ~裏表紙より~

    阿片鬼と化す人々に亡国の明日をみた林則徐の阿片厳禁論は、
    動揺する道光帝の心を掴む。

    一地方官史から欽差大臣へ、
    積弊根絶に英国と対決すべく広東に乗りこむ彼の周囲に内外の敵。

    民族の誇りと将来のために”みごとに戦う”

    武力行使に移る英国艦隊の面前で、
    その威力を知りつつ林は阿片を焼き捨てる。

全6件中 1 - 6件を表示

陳舜臣の作品

ツイートする