三国志英雄ここにあり 中 (講談社文庫 し 2-2)

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (7)
  • (9)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (597ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061312807

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 孔明が少年の頃から曹操と関わりがあったというのが演義と異なり斬新。後半で孔明が主役になる事を考えればエンターテイメントとしては正しいように思われる。

  • 2016 1 6
    2冊目

  • やはり、劉備に情は必要だ。
    例え急いでいたとしても、もてなしとして
    ある肉を食したなら何らかの言葉をかけず
    立ち去るのはあっさり過ぎると思うから。
    逆に曹操は常に敵役として違和感なく悪役が似合うので
    どんな感じになっても良い感じではあるけど。
    曹操が孔明をスカウトする場面は
    この作品でしか見られないかな。

  • 読了。

  • カバー違い。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1917年-1978年.岡山県生れ。慶應義塾大学支那文学科卒業。在学中より「三田文学」に現代ものの短編を発表。戦後、「書評」の編集長を経て、創作に専念。1951年、『イエスの裔』で第26回直木賞を受賞。以後、時代小説を中心に創作し1956年より「週刊新潮」連載開始の『眠狂四郎無頼控』は、剣豪小説の一大ブームを起こす。1969年に『三国志英雄ここにあり』で第4回吉川英治文学賞を受賞主な作品に『赤い影法師』『御家人斬九郎』『剣は知っていた』『決闘者 宮本武蔵』『チャンスは三度ある』など多数。

「2022年 『第8監房』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田錬三郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×