英雄ここにあり―三国志 (下) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (9)
  • (9)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (541ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061312814

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2016 12 6
    31冊

  • 赤壁の戦いから北伐に向けて成都を立つまでを書ききった巻。
    後に「英雄・生きるべきか死すべきか」へと続く。
    3巻とも厚い割に読みやすいのでまた再読したい。

  • 初めて三国志を読みました。
    入門編としてはちょうど良いボリュームかも。
    だからと言って、さらっとしているわけでは無く、
    登場人物の人となりもそれなりにわかるので、そこが良かった。
    全3巻ですが、夢中で読めました。
    当たり前だけど漢字の名前が多すぎて、誰が誰やらわからなくなることは多々あったけどw

    次は長編にも挑戦しようと思わせてくれる三国志でした。

  • 一番好きな歴史小説です。初めは漢字も多く難しい文体なのですが、どんどん読んでいくとそれがカッコイイんです!!

  • カバー違い。

  • お手本のような美しい文章。三国志マニアの心を激しく揺り動かします!

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1917年岡山県生まれ。慶應義塾大学支那文学科卒。在学中より「三田文学」に作品を発表。1951年「イエスの裔」で直木賞受賞。1956年創刊の週刊誌に「眠狂四郎無頼控」を連載、ニヒルな剣士と円月殺法は剣豪小説ブームを呼ぶ。1970年『三国志 英雄ここにあり』で吉川英治文学賞受賞。伝奇小説の醍醐味を堪能させる作品を多く残し1978年6月逝去。代表作に『赤い影法師』『岡っ引どぶ』『真田幸村』他多数。

「2015年 『レジェンド歴史時代小説 江戸っ子侍(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田錬三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×