ぐうたら愛情学 (講談社文庫 え 1-14)

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (3)
  • (3)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 57
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061313477

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 同じことを何回も書いてある 連載をまとめたものなのかしら?
    古きよき分別・ふるまいを勉強する意味でも良書

  • 昭和48年に刊行された本。
    たまたま手にとって読んでみたら現代にも通じる恋愛のあれこれ。
    男と女ってずっと変わらないんだなー。いい本と出会えた♪
    ぐうたら交友録、ぐうたら人間学も読んでみたい。

  • たまたま古書店で手に取って読んでみたら、ドンピシャ。

    遠藤周作先生の入り口が、海と毒薬とか、沈黙とかでなく、
    ぐうたらシリーズ。

    狐狸庵先生のひねくれ具合が自分に近くて、
    昭和48年に書かれた本なのに、共感共感。

    そんなに男を知っているわけではないけど、
    いつの時代も男って勝手よね!とか思ってみたり。
    かるーい気持ちで読みます。

    わたしが持っているのは単行本なのだけど、
    価格¥290。時代の離れを感じるのに、
    いまそこで狐狸庵先生とおしゃべりしているよう。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1923年東京に生まれる。母・郁は音楽家。12歳でカトリックの洗礼を受ける。慶應義塾大学仏文科卒。50~53年戦後最初のフランスへの留学生となる。55年「白い人」で芥川賞を、58年『海と毒薬』で毎日出版文化賞を、66年『沈黙』で谷崎潤一郎賞受賞。『沈黙』は、海外翻訳も多数。79年『キリストの誕生』で読売文学賞を、80年『侍』で野間文芸賞を受賞。著書多数。


「2016年 『『沈黙』をめぐる短篇集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠藤周作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×