万葉集 全訳注原文付(三) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.95
  • (10)
  • (2)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061313842

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 齋藤孝著『大人のための書く全技術』40冊―11

    こうやって日本語がつくり上げられてきて、その結果今の私たちはこういう言葉を使っているのだ、ということがわかるだけでも、非常に価値の高い読書になる。

  • 明日香などを舞台とした作品です。

  • 巻11から巻15まで

  • 浦野所有。

    講談社文庫の第三巻には、原著の巻十一~十五を収録。
    万葉集のクライマックス、東日本の庶民歌「東歌」(あづまうた)を集めた巻十四も収録されています。

    わが後(のち)に生まれむ人はわが如く
    恋する道に逢ひこすなゆめ [第2375首]

    <訳>わが後に生まれるだろう人は、私のように
    恋に苦しむ道には、けっして逢わないでほしい。

    …が、しかし、この歌が詠まれて1300年のあいだに、いったいどれほど多くの人々が、恋に苦しんできたのでしょうか。

    葛飾の真間の浦廻(うらま)を漕ぐ船の
    船人さわぐ波立つらしも [第3349首]

    <訳>葛飾の真間の浦を漕いでいる船の、
    船頭たちが騒いでいる。波が立ち始めたらしいよ。

    …いまから1300年前、東京湾で確かにあった光景。何気ない漁村の1日が、こうして、永遠に語り継がれていくんですね。

    すばらしきかな、万葉集!!!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

中西進(京都市立芸術大学名誉教授)

「2013年 『生誕100年佐藤太清展』 で使われていた紹介文から引用しています。」

万葉集 全訳注原文付(三) (講談社文庫)のその他の作品

中西進の作品

万葉集 全訳注原文付(三) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする