限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.16
  • (331)
  • (540)
  • (1832)
  • (355)
  • (160)
本棚登録 : 6413
レビュー : 758
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061315310

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 題名のせいでずっとキラキラ青春小説だと思ってたけど読み始めたら全然そんなことなかった。あるいは一周まわってキラキラ青春小説。

    黒い鳥は見える人と見えない人がいるよ、ガラスの破片になりたいよな、ってことかな。

    ところで最後の方の連続するブツブツの描写ってどういう意味があんの?

  • これが群像新人文学賞を受賞したとは...
    純文学の新たな道を開いた作品だと思う。

  • 自分の人生・経験とは似ても似つかない、最初から最後まで非現実世界を漂っていましたが…なんだろう、そんな中でも虚無感とか不安感とか、対象は違えど通ずるものがあるんだなぁと思える作品。
    最後は希望が垣間見えて、どうしようもない空虚感を残さず終わって良かった。

  • 村上龍の原点が描かれる半自叙伝。セックス、ドラッグ、バイオレンスの描写がえぐく、読み進めるのが辛い瞬間もあった。今井裕康の解説が、この作品の本質は決してそうした過激な描写にあるわけではないことをはっきり認識させてくれる。

    享楽的かつ退廃的に惰性で進んでいく青春の時間。その時の流れにリュウはただ力感なく身を任せる。どこか第三者の視点から自分の人生を傍観しているような感覚。主観の不在。そして未熟な自己を窒息させる社会という名の「鳥」。

    終始淡々と無感情な1人称で語られるこの作品において、リュウの自分の人生に対する能動的な思いが語られているのはたった3行しか無い。

    『限りなく透明に近いブルーだ。僕は立ち上がり、自分のアパートに向かって歩きながら、このガラスみたいになりたいと思った。そして自分でこのなだらかな白い起伏を映してみたいと思った。僕自身に映った優しい起伏を他の人々にも見せたいと思った。』

  • スキャンダラスにみえる青春の奥にひそむ深い亀裂を醒めた感性と詩的イメージとでみごとに描く鮮烈な文学。

  • タイトルに惹かれて読みました。初の村上龍。
    爽やかな青春小説かと思いきや退廃したロケンローな方の青春でした。薄めの本ですが初めは暴力やドラックの描写のせいか入り込みにくいし、読みにくくて放置してました。が、手放す前に途中から読んでみたら不思議と読まされました。良くも悪くもパワーがある文章です。
    読む時期を選ぶと思います。
    未来への光も見えないし、自分の中もわからない青春のなか、たまに見える綺麗なもの。
    当時大学生だった村上龍の内面も出てるのかな。
    タイトルの一部とフルートのくだりの部分がたまにみえる綺麗なもので救いなのだろうと思います。

  • 高校生の頃、生まれて初めて読んだ芥川賞受賞作品。69が面白かったのでチャレンジしたが、なんだか意味がわからなかった記憶あり。

  • 好き嫌いがあると思うけど、熱量のある本が好きな人は面白く読めると思う。峻烈な青春の一冊。ぴりぴりする。

  • 激しいモチーフと対称的に、静かな詩的表現が美しい。パイナップル、飛行機、虫、黒い鳥、それぞれが何を表しているのだろう。

  •  福生の米軍基地エリアを舞台に、荒廃した青年たちの日々を描いた物語。セックス、ドラッグ、酒、暴力。しかし、内容と対比するように、静謐さを伴う文章が印象的。リュウの視点は定点カメラのようで、生々しい臭いはリュウの嗅覚を静かに刺激し、リュウの耳は部屋の片隅に落ちているかのように「」のない会話を捉える。

     最後の「鳥」の描写だけが現実感をもって迫ってくる。鳥とは何を表すのか、私の理解が至らなかったけれど、解説の「現代社会、その構造の暗喩だ」という考察に納得感があった。ただ、その時代を知らない分、想像が及ばない自分が残念。

     第75回芥川龍之介賞受賞作。24歳でこんな小説書けるなんて天才かよ。そしてタイトルが秀逸すぎる。

  • 2017年10月30日読了。
    2017年80冊目。

  • 不潔で猥雑で、登場人物全員に同情できず、理解不能と一蹴してしまいたくなる物語。ただ、嫌悪感から登場人物と自分を突き放すことで、却って物語を冷静に見つめ直してしまう。すると、彼等に見えて自分に見えない、見えても目を背けてしまうものが見えてくる。

  • ただの官能小説?途中でページをめくる手をとめました。あまりにも意味がわからなくて。きっと読むには若すぎたのでしょう。まだ高校生でしたから。

  • 酒とセックスとドラッグばかりで、何が面白いのかさっぱり???でした。
    もうすこし、大人になったら再読したいです。

  • H29.05.21 読了。

    ずっと気になっていた一冊。たまたま100円で売っているのを発見し、購入。

    有名な作品なのでどんな話かと期待していた。
    が、正直、よく分からなかった。

    賞も取っているみたいだが、素人な私には理解ができなかった。
    ドラッグであったり、その独特の世界観の描写がすごいのかな?

    前に読んだ「希望の国のエクソダス」同様、村上龍さんの作品は難しい、と改めて思った。
    そこが好きな人には良いところなのだろう。
    合う、合わないというよりかは、理解できるところまで到達していないと、読むべきではないのかなー?うむむ。

  • 読解力のなさでこの小説の良さが理解できませんでした。

  • 題名の透明感さながらの静寂に満ちた世界観。
    非現実感?烈火のごとく激しい生活に漂う虚無感。
    とっつきにくくてあんまり気持ちの良い作品じゃないけど、がむしゃらなどうにもならない気持ちが心に刺さる。

  • 意味がわからない。
    何度トライしても最後まで読めない。

  • 24歳の時に読んだ。著者がこの作品を書いたのが24歳だったことを知り愕然とした。「飛行機の音ではなかった。」はあまりにもあまりにも衝撃的。ぼくの中では「吾輩は猫である」クラスの仰天書き出し。

  • セックス、ドラッグ、アルコール、な小説。吐き気を堪えて何とか読み終えたが、タイトル以外に惹かれるものは微塵も見当たらなかった。

全758件中 41 - 60件を表示

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)のその他の作品

村上龍の作品

ツイートする