限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.16
  • (331)
  • (540)
  • (1832)
  • (355)
  • (160)
本棚登録 : 6413
レビュー : 758
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061315310

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 村上龍の作品は 生理的に あわなかった。
    この作品を 最初に読んだ時に 3ページくらいで
    断念した。あかんな。これは。と思った。
    それ以来 村上龍を 小説家として認めていなかった。

    サカキバラ事件が おこった時に 村上龍が
    なんか言っているな。と思って、ミソインザスープなどを
    よみはじめた。狂気が その中に混じっているとおもった。
    時代をとらえる 感覚が 突出している。
    そして、最近 愛と幻想のファシズム を読んだ。
    それで 村上龍は 制度に対する嫌悪感がそこにある。
    と思って、最初の作品から 読み直したほうがいいと思い
    読み始めたのだ。

    絵画のように というか 映画の一シーンを 
    文字で固定しようと 努力していると思った。
    感覚が するどいが、
    色合いが 薄汚れていて、きれいではないな。

    読み終えて 感じたのは やはり生理的にあわないな。
    雑然とした感情が 漂流していて、青春の荒れた原形がうずくまっている。

    読み終えることができたのは 読書力の強化にあるだけだ。
    昔ならば、最後まで読むことはできない本のたぐいである。

  • P42まで読みました。次に読む気になったらここから…

    芥川賞を取った作品なのと薄いので読んでみたけれど、のめり込めなかった。

    セリフを「カッコ」で囲んでいるのと囲んでいないのの違いが気になりました。

    この内容をこんなに細かく描写?書けるのは、村上さん経験者・・?と思った。

  • 放蕩をひたすら文学的表現で綴る。
    龍は好きだが、ただキ◯ガイが乱れた生活を送っているだけにしか思えなかった。
    それでも、不思議と読ませられてしまった。
    これこそが筆力なのだろうか。

  • ドラッグに溺れる若者の退廃的な生活が描かれています。

    全編を通して溢れているのは体液で、
    汗、唾液、血液、精液、胃液、そういったものにまみれているんですが、
    なぜか、きたない、という感想に直結しないので、少し不思議な気持ちがします。
    それがこの作品の「清潔感」なのでしょうか。

    とは言え、確かに不快感はありました。

    わたしは元々満員電車が苦手で、具合が悪くなりがちなんですが、
    この本を通勤途中に電車の中で読んでいると、体液のにおいを思い出して、
    気分が悪くなりました。
    そのため読むのに時間がかかり、後半はあまり文章を噛みしめずに、
    文字をサラサラと追うだけで、終わりにしてしまいました。

    しっかり読んでいないので、偉そうなことは言えませんが、
    お話として特別面白いものでもなかったし、好きなタイプの文章ではなかったので、
    再読することはないかなぁと思います。
    同著者の他作品も、今のところ読む気が起きません。

  • とても読みにくかった。
    性的・暴力的描写には臨場感を感じて面白かった。

  • 台詞と描写が交わり読みづらかったし、性的な場面は個人的にあまり好ましくなかった。ただ後半読み進めていくに従ってこれは詩的描写が大いに含まれているのだと思った。そういう面で捉えれば興味深い作品であるし、学ぶところもあると思った。性的な部分の混沌はまるでジョルジュ・バタイユの眼球譚を思い浮かべた。まるで夢の中を見ているようなそんな気分にさせてくれる。村上龍の弱冠24歳で紡がれた業界を賑わした新人賞でありまた、芥川賞でもある作品。人生のうちに一度は読んでおきたい作品かもしれないし、瑞々しい新鮮な描写は勉強になるな、と思った。

  • 随分と久しぶりに読み返した。
    学生の頃に読んで、「好きではない」と思った。
    今も、好きではない。
    多くの意味で気持ちの悪い小説だ。
    腐敗と痛みに覆われている。
    そのなかで、最後に少しだけ透明な輝きが心を射る。
    人間のどうしようもなさとか、苦しさとか、醜さや冷たさや汚さや、狂気や、そういった中の、一瞬の光。
    それは伝わってくる。
    でも、もう読みたいとは思わない。
    多分。

  • タイトルに惹かれて読みました。初の村上龍。
    爽やかな青春小説かと思いきや退廃したロケンローな方の青春でした。薄めの本ですが初めは暴力やドラックの描写のせいか入り込みにくいし、読みにくくて放置してました。が、手放す前に途中から読んでみたら不思議と読まされました。良くも悪くもパワーがある文章です。
    読む時期を選ぶと思います。
    未来への光も見えないし、自分の中もわからない青春のなか、たまに見える綺麗なもの。
    当時大学生だった村上龍の内面も出てるのかな。
    タイトルの一部とフルートのくだりの部分がたまにみえる綺麗なもので救いなのだろうと思います。

  • ただの官能小説?途中でページをめくる手をとめました。あまりにも意味がわからなくて。きっと読むには若すぎたのでしょう。まだ高校生でしたから。

  • 酒とセックスとドラッグばかりで、何が面白いのかさっぱり???でした。
    もうすこし、大人になったら再読したいです。

  • 読解力のなさでこの小説の良さが理解できませんでした。

  • この作品が発表された当時はこういう雰囲気の小説が流行ってたのかな……と最初に思ったのは、最近読んだ村上春樹の「風の歌を聴け」にどことなく近い空気を感じたから。ただ、綴られている内容は比べものにならないほどエログロバイオレンス。
    酒にドラッグにセックスに溺れまくる若者たちの中で唯一、主人公(という表現も正しいのかどうか)のリュウだけは、なんというか……もちろんやってることは社会から逸脱しまくりなんだけど、その中で唯一まともというか、常に自分を冷静に客観視できるだけの力を持っているように感じた。
    そんな彼が生を実感するラストは嫌いじゃないし、そこかしこに散りばめられた文章の表現力がとんでもないってのも分かる。そもそもつまらなかったら最後まで読んでないだろうから。
    でも、やっぱり、ダメだ。圧倒的に読みづらい……。ドラッグ決めてる人間の主観視点だからあえて読み取りづらい表現を用いてるってわけじゃなさそうだし、とにかく肌に合わなくて読み進めるのが苦痛だった……。

  • 芥川賞がいろいろと話題になっているので、昔、受賞したこの本を読んでみようと思ったのがきっかけ。

    一人称の話なんだけど、第三者的な視線で語られていて、冷めた印象を受けた。主人公に掴みどころがない。

    まぁ、言ってしまえば、だめ人間たちの話。排他的といえばかっこいいかもしれないけど、私は何も感じなかった。もっと若い時に読めば、何か違う感想だったかもしれないけど、カチカチ頭の大人になってしまった自分は、麻薬はダメだろう、とか人に迷惑かけちゃいけないよ、とかそういうことしか思わなかった・・・。

    特に女の人の扱いに虫唾が走った。情けない男ばっかり出てくる・・・ムカムカ。

  • ともかく暴力とドラッグの話が多くて、読みづらかった。

  • 内容は非現実的。

    なのに、この本から感じる静けさ、現実は
    まさに限りなく透明に近いブルーだった。

  • 若い頃に読んだら衝撃を受けたかも。

  • 2014.10.07読了。
    今年33冊目。

    不快感しかなく、全く理解できない内容。
    ドラッグに暴力に、セックスにとにかくどろどろで読んでて気持ち悪くなること多々。
    これをしっかり読みこむなんてできそうにもない笑
    でも、だからこそ最後のガラスの破片の限りなく透明に近いブルーが際立って美しく感じた。

    内容ががちゃがちゃなのにそう感じないのは解説にあったように全てが受動的に客観的に?描かれていたからなんだと納得。

  • 中学の時に村上龍が好きな子がいて、一番好きなのはこの作品だと語っていたので借りて読んだのが最初でした。久しぶりに読んだけど、この作品が好きだと豪語する中学生って中々すごいですね。
    しかもリリーがつけまを外すシーンがあって、あたしが生まれる前の作品なのにこの頃からつけまつげってあったんだと驚きました。つけまの歴史って意外と古いんですね。
    深いようで浅く、でも薄いようでねっとりと濃厚な物語。
    個人的には全く理解できない世界です。面白くもない。不愉快なシーンばかりでページをめくる手も進まず、何度読んでも読み終わった時にはぐったりしてます。若いはずの登場人物たちも疲れ切ってるように見えるのです。
    不思議な世界を垣間見た気分です。

  • 個人的には好きな内容ではないけれど、こういう世界もあるんだと、村上龍氏の作品は私の視野を広げてくれます。
    登場人物それぞれから、虚無感を感じる。それが、なんだかせつない。

  • 2013/10/23読み始め 10/30 読了

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)のその他の作品

村上龍の作品

ツイートする