女が愛に生きるとき (講談社文庫)

  • 講談社
3.44
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 30
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061315693

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 田辺聖子さんが40代半ばに女性誌などに書かれた文章を
    まとめたらしい本。聖子さんはどのエッセイにも「女性と
    いうのは、ただ女性であるというだけで特別」と仰っていて
    それに共感できるので興味深く読む。
    この本を読んで、ためになる言葉が多かった。
    女でいてたのしい、しあわせと感じて生きるのは「愛」あってこそ。
    お金の前に愛かもしれない。
    この本の冒頭で、聖子さんが「私は人生を楽しむために生きる、
    その楽しむこととは、人を愛すること、人に愛されること」と
    書かれていて、今、当時の聖子さんと同じ年代となったわたしも
    同じように思う。どんな時代になっても、女性に愛は切り離せない
    ように思う。

  • だいぶ時代は感じるものの、納得する点も多々あり。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4061315692
    ── 田辺 聖子《女が愛に生きるとき 19790515-19910701 講談社文庫》
     亀倉 雄策&灘本 唯人・装画 19790525
     
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/******
    ── 田辺 聖子《人は何のために生きるか ~ 私の場合 197308‥ 家庭画報》
     
    (20091203-20140904)
     

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1928年3月27日生まれ、大阪府大阪市出身。樟蔭女子専門学校(現・大阪樟蔭女子大)卒業。1957年、雑誌の懸賞に佳作入選した『花狩』で、デビュー。64年『感傷旅行』で「芥川賞」を受賞。以後、『花衣ぬぐやまつわる……わが愛の杉田久女』『ひねくれ一茶』『道頓堀の雨に別れて以来なり 川柳作家・岸本水府とその時代』『新源氏物語』等が受賞作となる。95年「紫綬褒章」、2000年「文化功労者」、08年「文化勲章」を受章する。19年、総胆管結石による胆管炎のため死去。91歳没。

田辺聖子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×