永い夜 (講談社文庫 た 3-6)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061315846

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 親父から譲り受けたシリーズ。性的なトラウマが狂気へと繋がる5つの短編。北原先生の作品はあまり好きではなかったが、自身のミスから母親が強姦されるところから始まる大河「永い夜」、妻を売りつつ蛇を喰らう男を描く「双頭の蛇」は、ダークでスリリング。割とハマる一冊。

  • とにかく時代背景が古いので、
    若い人にはピンとこないのではないでしょうか。
    戦後の昭和の人妻たちがこれほどまでに奔放に性を貪る姿を、
    男目線で書くとこんなふうになるのか、という感じ。
    立原氏の作品は鎌倉が舞台であることが多く、
    そのしっとりとした文章からは上品さが伺える。
    性(生ではなくて)と死が隣り合わせであることを、
    どの作品からも実感してしまうような、
    中年以降の年代じゃないと楽しめないであろう短編集。

全2件中 1 - 2件を表示

立原正秋の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×