深夜の散歩―ミステリの愉しみ (講談社文庫)

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061317017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • はるか昔に読んだのは単行本。

    内容なんて忘れているので再読してみた。
    古本屋で見つけた文庫本を読み用に買ったことだし。
    もういっかいいろんなミステリを読みたくなった。

    福永武彦さんはちょいちょいネタバレやっちゃうのでけっこうな危険人物だ。
    でも読みたいミステリはいくつか見つけられた。
    実際のところ自分で読んだミステリだってほとんど内容は忘れてしまうものだから書評する人が多少ネタバレやったって数年後には問題なくなるのだ。

    中村眞一郎さんのは昔読んだときはあんまりおもしろいと思えなかったけど今読むとかなりおもしろい。ミステリの書評というより軽いミステリ論・文学論になっている。
    そこが当時のボクには合わなかったのだろう。というか期待通りの内容ではなかったのだろう。おそらくミステリを読むためのカタログとして読んでいたのだろうから。
    今おもしろいと思えるようになったのはこちらにいくらかのゆとりができたからかもしれない。あるいはブックガイドとしてではなく単なるエッセイとして読んだからなのかもしれない。

    丸谷才一さんのは当時もおもしろいと思ったし今度読んでみてもおもしろい。取り上げられているミステリを読みたくなるような書き方をしてくれている。
    書評の書き手としていちばん上手なのはこの人だろうと思う。

    (2011年06月14日読了=再読)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1918-79。福岡県生まれ。54年、長編『草の花』により作家としての地位を確立。『ゴーギャンの世界』で毎日出版文化賞、『死の鳥』で日本文学大賞を受賞。著書に『風土』『冥府』『廃市』『海市』他多数。

「2015年 『日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福永武彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×