トマト・ゲーム (講談社文庫 み 11-1)

著者 :
  • 講談社
4.57
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061317307

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とにかく怖い

  • これがもう絶版なのはとても残念。近年出版された「精華集」にも収録されていない作品が多くて、有名な「アルカディアの夏」がやっと読めた!
    やっぱり皆川さんの描く「狂気」はすごく綺麗だし、文章が美しい。この中ではやっぱり「アルカディアの夏」が秀逸かな。ミステリ的な面では、「漕げよマイケル」もかなり好き。
    それにしてもこういった短編作品に、単行本未収録が多いのはめちゃめちゃもったいなくて、すごく惜しい。いつか全集出してくれたらなあ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

皆川博子(みながわ・ひろこ)
1930年旧朝鮮京城市生まれ。東京女子大学英文科中退。73年に「アルカディアの夏」で小説現代新人賞を受賞し、その後は、ミステリ、幻想小説、歴史小説、時代小説を主に創作を続ける。『壁 旅芝居殺人事件』で第38回日本推理作家協会賞を、『恋紅』で第95回直木賞を、『薔薇忌』で第3回柴田錬三郎賞を、『死の泉』で第32回吉川英治文学賞を、『開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU―』で第12回本格ミステリ大賞を受賞。2013年にはその功績を認められ、第16回日本ミステリー文学大賞に輝き、2015年には文化功労者に選出されるなど、第一線で活躍し続けている。

「2023年 『天涯図書館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

皆川博子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×