おれは権現 (講談社文庫 し 1-12)

著者 :
  • 講談社
3.49
  • (5)
  • (11)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 158
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061318069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2017.6.1(木)¥100(-2割引き)+税。
    2017.7.17(月)。

  • 短編集。戦国時代の後半、侍大将のあたりに注目している視点がたまらなく好きです。なんだかちょっとだけエロがあるのはサービスなんでしょうか?花房助兵衛や飯田角兵衛などちょっと知らない侍大将がすごく戦争屋っぽくてかっこいいですね。

  • 司馬先生の短編集の中で一番好きかも。

  • 『愛染明王』

    『おれは権現』

    『助兵衛物語』

    『角兵衛物語』

    『若江堤の霧』

    『信九郎物語』

    『けろりの道頓』

  • 平成24年3月5日読了。

  • 読後感の良い短篇集。

  • 木村重成が好きなのですが、この本に所載の重成の短編は絶望や悲劇とは程遠く、思わず微笑みたくなるような話でした。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎(1923-1996)小説家。作家。評論家。大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を次々に発表。1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞受賞。ほかの受賞作も多数。1993(平成5)年に文化勲章受章。“司馬史観”とよばれ独自の歴史の見方が大きな影響を及ぼした。『街道をゆく』の連載半ばで急逝。享年72。『司馬遼太郎全集』(全68巻)がある。

「2020年 『シベリア記 遙かなる旅の原点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

司馬遼太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×