おれはねこだぜ (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
4.09
  • (32)
  • (22)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 210
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061318977

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは恐ろしい、地獄絵図だ。

    「おれはねこだぜ」と言いながらも、逃げずにはいられない、
    しっかりと相手を見ることさえもできず、目をつぶって逃げるしかない。

    恐ろしい、食い物の恨み…食い物というか、食われ物の恨みか?

    しかし、おれはねこで、私は人間だ。
    食わずには生きていられないのだ。

  • ストーリーは、ちょっとしり切れトンボな感じがしますが、
    途中のサバの大群のイラストとそれに青ざめる猫の表情が
    とてもおかしくて、子供たちも大のお気に入りです。

  • やばい(笑)
    これは面白すぎる(>_<)

    面白いというかシュールというか、意味がわからない(笑)

    絵がこわいよー
    見開き続けての映画館ページがツボでした。

    これはひとにすすめたくなる!'∇`

  • 本屋で爆笑して衝動買い。
    猫のアイデンティティが面白いまでに表現されているお話
    読後感がとってもシュール

  • サバがすべて。
    ショッキングシュール。
    笑うしかない。

  • ねこの性格がよい!♪

  • こんなにシュールな絵本には後にも先にもお目にかかったことがありません。

  • さばを食べようとした猫に襲い掛かる恐怖。恐怖というよりは「びっくり」という感じなのかもしれません。何が恐怖なのかは・・・読んでみてからのお楽しみです。

    佐野さんの絵本にしては、若干解釈が難しいような気もしますが、やはり佐野さんらしいリズムとテンポで進むお話は、読んでいてとても痛快です。

    とりあえず、さばの絵がかなり怖いです。びっくりした猫の顔もすごいです。「ブラックなお話なのかな?」と思いつつも、あまりの絵のすごさに逆に笑ってしまう場面があるかもしれません。

    解釈は間違っているかもしれませんが、僕はこの猫に
    「武士は食わねど高楊枝」ということわざを思い出しました。

  • 『100万回生きたねこ』で有名な佐野洋子さんの作品です。

    絵がリアルでシュール!!
    ストーリーも、いつも猫に食べられている鯖が、大群で空を飛んで逆襲にくるという・・・かなりぶっ飛んでいます。

    こんなに大笑いした絵本はありませんでした。
    ねこの表情が、いちいち面白くて、かなりツボにはまりました。

    シュールな絵本が大好きなお子さんにオススメの絵本です!

  • 「おじさんのかさ」「百万回死んだ猫」で有名な佐野洋子さんの絵本「おれはねこだぜ」です。
    有名な絵本の影に、こんな傑作があったとは、知りませんでした。たった一つの最重要である「自我」を撒き散らしすがり付いてサバから逃げ惑う、この高慢ちきでネコらしいネコの叫び。笑い転げてください。

全45件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1938年、北京生まれ。絵本作家、エッセイスト。おもな著作に、絵本『100万回生きたねこ』『わたしのぼうし』、童話『わたしが妹だったとき』、エッセイ『神も仏もありませぬ』など。2010年没。

「2019年 『はればれ、お寿司 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おれはねこだぜ (講談社の創作絵本)のその他の作品

おれはねこだぜ 単行本 おれはねこだぜ 佐野洋子

佐野洋子の作品

ツイートする