もりおとこのしごと (講談社の創作絵本)

  • 講談社
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061322233

作品紹介・あらすじ

もりおとこがおこったとき――それはじんるいさいごのひ!?

もりおとこは、じめんのしたに すんでいる。そして、ちきゅうぜんぶのもりを そだてている。ところが…。にんげんは むちゃくちゃに きを きりはじめた……。もりおとこは おこった!じめんは わなわなとふるえ、とうとう……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 28年度(5-3)
    24年度(2-1)(4-2)
    4分

  • 3分23秒。環境絵本。高学年に読み合い。

  • 【11/12】近図。季節の本(=しごと)。環境の本としてもおすすめ。

  • 森の中の大きな木。
    去年までは、そこにあったのに…。
    大きな切り株だけ、残っていた。

    その切り株に座っていると
    ヒゲもじゃな男の人が立っていた。
    「どうしたんだい ? ぼうや」

    大好きだった大きな木が切り倒されて
    切り株になっちゃって
    悲しい気持ちを話すと…。

    「1番悲しんでいるのは、森オトコかな」

    森オトコの話を、おじさんはしてくれた。
    …地面の下にすんでいて、
     1本1本、手でゆっくり
     地面の下から
     押しながら、木をはやはしているんだ。
     森オトコは大きくて、手もいっぱいあるんだ。
     地球が生まれる前から
     この仕事をしている。…
    でも、人間が木を切り始めた。
    森オトコは、大事にしてくれるなら…と思っていたのに
    人間は無駄が多い。

    怒ってしまった森オトコ。
    さて、どうするのか…

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1964年東京生まれ。東京芸術大学デザイン科卒。『ふしぎなカーニバル』で第14回講談社絵本新人賞を、『はやくねてよ』で1995年日本絵本大賞を受賞。おもな作品は、『パンツぱんくろう』シリーズ、『たまごにいちゃん』シリーズ、『まめうし』シリーズ、『へんしんトンネル』シリーズなどがある。『はなかっぱ』シリーズは、2010年よりNHK Eテレで放映中のアニメ「はなかっぱ」の原作本。

「2010年 『はなかっぱのだいぼうけん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あきやまただしの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×