新装版 ゆきのひ (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.36
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061322615

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • たんたんと小さな駅の一日が描かれています。
    絵だけの絵本なので対象年齢は2歳くらいから

  • ある えきしゃを ぶたいにした ゆきの ふる いちにち。

    ゆきって おとも たてず しんしんと ふるところが
    なんだか しみじみと した きもちに させるんでしょうかね。

    いつか こんな じょうけいに であったことの あるような
    なつかしい きもちに なる えほん。

  •  子供の頃に読んだ絵本や児童書の類は、たいていは図書館から借りてきた読み捨て物だから、荻原規子とか、湯本香樹実とか、ごく一部を除いて、読んだことは覚えていても、主人公の名前はおろか、あらすじすらまともに覚えていなかったりするものですが。この絵本だけは特別に覚えていたんですよね。
     ある雪国の田舎駅の一日。ただ一言の言葉もなく、ひたすら静謐に描かれるだけの短い絵本なんですが。
     実家の目の前に、雪こそ降らないものの、貨物列車がよく通過する駅がありまして。それで親近感があったのかも、と思っているのですが。
     大事にしていたはずなのに、いつのまにか行方不明になっていて。新装版に邂逅したときは、復刊ブーム万歳!と、諸手を挙げたものでした。

  • 文章はない。田舎の駅の雪の一日が描かれている。抑えた色合いの静かな絵。ページごとに息子は絵の細かい部分の変化を熱心に探していた。

全4件中 1 - 4件を表示

佐々木潔の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×