新装版 みずまき (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (6)
  • (7)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 71
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061322745

作品紹介・あらすじ

ほとばしる水、うごきだす生きものたち。生命力あふれる、この「庭」に誰もが思わず、ひきこまれる…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • みずまきのようすが迫力満点に書かれている。

  • 夏らしい感じの迫力のある絵.生き生きしてます.

  • なんとも力強い絵ではありませんか。正直なところ、好きな絵ではないのですが、惹きつけられてしまいます。
    太陽の熱が溶岩流のように流れ落ちています。むっとする草いきれ。からからに乾いた地面は足の裏を焼きそうです。
    と、そこに女の子がホースで水を撒きはじめました。熱波を水流でねじ伏せようとでもいうような、まさにぶちまけるといった勢いで。
    「にわにみなさん、おきてください。あめだぞ、あめだぞ。」
    水の冷たさが嬉しくてたまらない様子です。
    水を浴びて、庭の生き物たちが息を吹き返します。

  • 絵が下手すぎる

  • 庭でのみずまき、小さな生き物たちに焦点が当たって、次のページに行くと実は庭のこんな一部でした、という繰り返しが続く絵本。バンガローでなめくじがあまやどり、と思ったら、しいたけのかさの下でした、という風に。
    この絵本、去年の夏の読み聞かせで使って、最初はきょとんとしていた子達が、段々実は…のおかしさに気付いたようで、ページをめくる度に、あっ、て顔をしてくれるのが嬉しかった。今年も使いたいな。去年はただ読むだけだったけど、今年はもう少し語りかけながら読んでみたい。

  • 独特。

  • 夏、庭に水まきをする女の子。ただそれだけなのに、迫力があって圧倒される。かなり濃い絵で、言葉のリズムも独特。4分ほど。

  • 夏の日のみずまきの様子をダイナミックなタッチで描いたすがすがしい空気が伝わってくるような絵本。

  • 「にわのみなさん おきてください。
             あめだぞ あめだぞ。」
    かけ声と同時に、
    女の子がにぎったホースから「あめ」が生まれ、
    庭に住む生き物たちを潤します。
    うだるような暑さと「あめ」の清涼感が同居する
    真夏の昼下がりを
    力強く描いた作品です。

    院生アルバイトスタッフ

  • 3分くらい。暑くて水撒きをする女の子。なんていうか、迫力ある絵に圧されます...。

全12件中 1 - 10件を表示

木葉井悦子の作品

ツイートする
×