新装版 もじゃもじゃしたもの なーに? (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.61
  • (3)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061323308

作品紹介・あらすじ

そこにもあそこにもきみのまわりにもじゃもじゃがいっぱい!長新太の絵本、復刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もじゃもじゃした人がおもしろかった

  • とにかく、もじゃもじゃ。
    視点が長さん。

  • 9歳0ヶ月の娘
    6歳0ヶ月の息子に読み聞かせ

    久しぶりに長新太ワールド

    単純だけど
    この表現力
    すごいよなーほんと。

  • 2歳9ヶ月
    長新太さんの本はよくわからない…と思っていたけど、絵本館のリーフレットに、(よくわからないが子供の食いつきが良いので何度も読んでいるとある時突然その良さがわかる)みたいなことが書いてあって、そうなのかーと思って、もう何冊か読んでみようと思う。確かに子供の食いつきは良い。もじゃもじゃ。

  • 字のない絵本

    もじゃもじゃしたもの
    ひつじ、モップ、イソギンチャク、じゅうたん、ヒゲ、プードル、煙、コート、カニの毛、とうもろこし、オランウータン、ダチョウ、森、ライオン

  • もじゃもじゃにフォーカスした、長さんらしい一冊。

    同じ文の繰り返しなので、絵を楽しめます!!!

  • 絵力がすごい。子どもは大笑い。楽しそう。クイズっぽい構成も楽しいらしい。

  • セリフは「もじゃもじゃしたものなーに?」の一種類だけで読みやすいこときわまりない!ビビッドな絵も楽しい一冊です。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1927年、東京に生まれる。漫画、絵本、イラストレーション、エッセイなどさまざまな分野で活躍。絵本に、『おしゃべりなたまごやき』(文芸春秋漫画賞)、『ぞうのたまごのたまごやき』(小学館絵画賞)、『ふゆめがっしょうだん』(絵本にっぽん大賞・以上福音館書店)、『はるですよふくろうおばさん』(講談社出版文化賞絵本賞・講談社)、『さかさまライオン』(絵本にっぽん賞)、『ゴムあたまポンたろう』(日本絵本賞・以上童心社)、『キャベツくん』(絵本にっぽん大賞・文研出版)など多数ある。巌谷小波文芸賞受賞。路傍の石幼少年文学賞受賞。

「2018年 『やまがあるいたよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長新太の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×