新装版 ジロがなく (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061323438

作品紹介・あらすじ

けっしてなかない犬・ジロが、はじめて声をあげたのは…。友情と勇気を考える名作絵本、待望の新装版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◆11月のお話会テーマはワンワンでイヌ♪ 読み語り5分。◆カラスに育てられたジロは、自分が変わっていることに気づき、なかない強いイヌになります。いつしかジロは群れのボスに。そしてある日、仲間のマダラを危機から救うため、ついに「ジロがなく」のでした。◆「自分が他人と違う」ことに気づいたジロの覚悟は辛い。最後マダラのなき声は、寄り添うように優しくあたたかく発声するように心がけました。「自分が他人と違う、一人ぼっちだ」と思っても、必ず寄り添う気持ちを持った仲間はいるよ、一人きりじゃないんだよって伝わるように。

  • 何か色々つらい話し あのラストは救いなんだろうか 

  • 5分

  • 30年度 2-2 3-3
    5分

  • カラスに育てられた犬、ジロ、鳴くと気味悪がられ、けんかで鳴かなくても一目置かれるようになり、黒い犬のクロが仲間になり、大きな群のボスになる、鳴かないマダラも仲間になる、民家や畑を荒らしたときクロが猟銃で打たれる、マダラも逃げ遅れたときジロが、カァーカァーと鳴いた、ジロが群れを離れたとき、マダラがニャオーと鳴いた


    間違えて電子書籍で登録していた。
    レビュー登録は8月2日になってしまったけれど、読んだのは7月28日。

  • この後ジロとマダラはどうしたのかな。二匹で旅に出たのかな。群れに戻ったのかな。余韻がじんわりと続く絵本。

全8件中 1 - 8件を表示

山下ケンジの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×