もくもくやかん (講談社の創作絵本)

制作 : かがくい ひろし 
  • 講談社
4.17
  • (53)
  • (43)
  • (26)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 357
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061323537

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やかんが全力疾走する姿からもう和む。やかん仲間たちの自己紹介を交えながらの準備体操が面白くて自然とリズムに乗っかって読んでみたけれど、2歳8ヶ月の息子はノッてこず残念。恵みの雨の場面では小さくはしゃいでいた。
    雨の日は頭痛がしたりであんまり好きじゃないけど、滅入る気分がこの絵本のおかげで持ち直しそう。

  • 2018.3

  • やかんが顔を真っ赤にして何を頑張っているのかと思ったら,,,とっても楽しい絵です.

  • 子どもが一緒に体操しながら読める。

  • 夏から夏の終わりにかけて読みたい。梅雨でもいいかも。擬音が多くて楽しい。

  • かがくいさんの楽しさ

  • 昔から子どもが大好きな一冊。かがくいさんシリーズでは一番好きかも

  • やかんさん、がんばる!(笑)

  • うふっ  
    イイですね。やかんやジョウロ、急須たちの顔。
    みんな集まって何をするかと思えば・・・
    真剣に体操し始めて・・・。

    みんなのために こっそり頑張ってくれていたんですね。ありがと。

  • ナンセンスなんだけど、絵がとってもかわいいからよし!

全64件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年、東京都生まれ。1980年東京学芸大学教育学部美術科卒。第13回紙わざ大賞展準大賞受賞。2005年『おもちのきもち』(講談社)で第27回講談社絵本新人賞を受賞し、絵本作家としてデビュー。絵本に『もくもくやかん』『ふしぎなでまえ』『はっきよい畑場所』『みみかきめいじん』(講談社)『おむすびさんちのたうえのひ』『なつのおとずれ』(PHP研究所)「だるまさん」シリーズ『おしくら・まんじゅう』『おふとんかけたら』(ブロンズ新社)「まくらのせんにん」シリーズ(佼成出版社)『がまんのケーキ』(教育画劇)がある。2009年、逝去。

「2016年 『うめじいのたんじょうび』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かがくいひろしの作品

もくもくやかん (講談社の創作絵本)に関連するまとめ

もくもくやかん (講談社の創作絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする