おさるのまねっこ (講談社の創作絵本)

  • 講談社
3.35
  • (5)
  • (6)
  • (24)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 228
感想 : 14
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061323551

作品紹介・あらすじ

いろんなものになれるからまねっこあそびはたのしいです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • さるはそこそこ好きなはずのこどもだがいまいち反応なし。話自体が少しシュールだからか?

  • 2歳9ヶ月

    これ読んで!と何度かリクエストあり。
    絵がカラフルで目を引くのと、お話も真似っこでわかりやすいからかな

  • 可愛らしい絵の猿がいろいろな動物の真似をする話。それほど深い内容がある訳でなく2、3歳まで向けなのかなと思う。絵は親しみやすいので絵本に慣れ親しむ時期に良さそうです。

  • 2020.03.12

  • いとうさんらしい絵で、ちょっと不気味でもあり、何時代のさるなんだろうか、とも思ってしまい。色んなもののまねっこ。娘もすぐまねっこするので同類でちょうど良いみたい。(1歳11ヶ月)

  • まねっこをはのしんで、さいごはじぶんのまねっこ。C8793

  • [江戸川区図書館]

    今年の干支の申にちなんだ本が置かれたコーナーから借りてきた一冊。
    最近しっかりした厚めの本をみさせているので、久しぶりに見たこの手の薄い「絵本」はなおさら読みたくなるみたい。半分くらいは本人に読んでもらって。自分でも読力アップを感じられたかな?

  • まねっこする様子がかわいらしいです。

  • 内容説明
    まねっこ遊びは自分以外のものになれます ときどきおさる以外のものになりたくなるおさるは、カエルや草木などの真似をしていろんなものになります。最後はおさるの真似をして、いつもの自分に戻ります。


    絵のかわいらしさもいいですよ。
    内容もリズムが合って、子どもが好きです♪

  • おさる、遊ぶのに飽きて、まねっこを始めた。気の真似、山の真似、蛇の真似…まぁ、そんな感じです。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

いとうひろし(伊東寛)
1957年、東京に生まれる。早稲田大学教育学部卒業。大学在学中より創作を始め、絵本『みんながおしゃべりはじめるぞ』(童心社)でデビュー。
『シポックさいごのえもの』は、デビューより前に作成した作品である。
主な作品に『ルラルさんのにわ』(絵本にっぽん賞)、『くもくん』(日本絵本賞読者賞)『バンバンバンバンバンソウコウ』(以上ポプラ社)、『おさるのまいにち』『おさるはおさる』(ともに路傍の石幼少年文学賞)、『おさるになるひ』(産経児童出版文化賞、IBBYオナーリスト選出)、『だいじょうぶだいじょうぶ』(講談社出版文化賞受賞)『おさるのもり』(野間児童文芸賞)(以上講談社)、『マンホールからこんにちは』(児童文芸新人賞受賞)『ごきげんなすてご』(以上徳間書店)、『かせいじんのおねがい』(童心社)他多数がある。

「2023年 『シポックさいごのえもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いとうひろしの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×