10にんのきこり

制作 : 田島 伸二 
  • 講談社
3.59
  • (5)
  • (5)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :56
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061323612

作品紹介・あらすじ

10人のきこりがもりにいって木をきって、いいます。「まだある、まだある。」のこりはいくつなのかな?0を発見した国、インドの数の絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この微妙なシュールさがいいよね。トラは残るじゃないかって突っ込んじゃいけないか。

  • 小学校1、2年生の読み聞かせに最適!
    引き算の勉強にもなるし、
    木を切りすぎると虎が出てきて木こりが全員食べられてしまうという話の内容から、環境に対する意識も育てることができると思います。

  • 読み聞かせてもらったけど、ピリ辛ブラックユーモアで楽しかった。木を切ることとか数の概念とかいろんな読み方ができそう。

  • 3分くらいかな
    2012/05/15 5-2

    10人のきこりが、10本の木を切ります。するとトラが現れて…。
    子どもたち、唖然。

    2012/05/22 2-1
    低学年の方が、楽しんで聞いてたかも。トラを見つけて、「あ~、出てきたよ出てきたよ」とドキドキしながら見てました。
    2013/02/26 2-2

  • 2011年11月3日

    装丁・本文デザイン/城所潤(ジュン・キドコロ・デザイン)

  • 2009年度 1年生

  • 一度読み聞かせしましたが、二度目はなかったです。
    まだ早かったかな・・・

  • この絵本が、厚生省の絵本の文化財に選定されたというのが、本当によく実感できるほど楽しい絵本でした。意味も深く、おもしろさ抜群・・それにとても絵本の色彩は豊か、自然の大切さを数遊びで表現していて、インドならではの絵本です。

    みなさんにお勧めします。私はこの絵本の多くの書評も読みましたが、皆さん、絶賛されていますね。私もそう思います。それにしても10にんのきこりたちのかわいらしいこと・・子どもたちと声を出して数えましたと。でもいつの間にか、山はハゲ山になってしまって、みんなトラに食べられるなんて・・・・おなかに入って眠っているようなきこりたちは、かわいそうなような、悲しいような・・子どもたちが何度も読んで欲しいと頼む1冊ですね。

    おすすめです!!

  • 2008/12/10

全12件中 1 - 10件を表示

A.ラマチャンドランの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷川 俊太郎
チェン ジャンホ...
なかがわ りえこ
佐々木 マキ
パット ハッチン...
モーリス・センダ...
中村 牧江
かがくい ひろし
ヨシタケシンスケ
トミー=アンゲラ...
くすのき しげの...
A.トルストイ
ひがし ちから
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする