おつきさまとあそんだよる (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (2)
  • (4)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 68
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061323629

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2y10m ページ数は多めだが、見開きページに書かれている文はそんなに多くないので、さくさく読めた。

    くまのこがおつきさまとおうちに帰る話。
    絵が個人的にとても気に入っている。ページの端から端まで描き込まれているが、そこまでごちゃごちゃしている印象はなく、見せたい対象がすぐにわかる。なにより可愛い。
    友達とさよならをした後、一人になって少し寂しい感じとおつきさまを見つけたとき、さらに遊んでくれたときの喜びが懐かしさを覚える。夜道、どこまでもついてきてくれるおつきさまを一緒に遊んでいるという表現はとてもかわいらしい。ブランコや滑り台のところが子供は特に気に入っている。字のないページも印象的だった。

    寝る前に読むのにとても良い。ゆったりと優しい気持ちで眠りにつける。

  • 2012年12月23日

    装幀/城所潤(Jun Kidokoro Design)

  • 資料番号 : 020192084
    請求記号 : E カミヤ

  • 2009年度  3年生 11月

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

イラストレーター・絵本作家・銅版画家。銅版画作家としては水彩画のような柔らかいタッチの銅版画でパリの街を描き、個展を開催している。1992年第10回玄光社イラストレーション ザ・チョイス年度賞受賞。日本とフランスで絵本を出版。2006年にフランスで出版された絵本『Paris y es tu?』はベストセラーになり現在も多くの書店、美術館で販売されている。日本国内では『グローブはかせの 世界遺産迷路の旅』(学研)、『ボクは しっている』『パパも ママも ボクが しんぱい』(イマジネイション・プラス)などがある。

「2022年 『ボク サッカー やめたい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神山ますみの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×