あっぱれ! てるてる王子 (講談社の創作絵本)

  • 講談社
3.54
  • (7)
  • (11)
  • (14)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 157
感想 : 17
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061323971

作品紹介・あらすじ

てるてるぼうず、てるぼうず、あーした天気にしておくれ〜。読むと、きっと空を見あげたくなる本。第30回講談社絵本新人賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 台風と、てるてる坊主が、仲間を率いてバトルする個性的な内容。台風が風なのは分かるけど、てるてる坊主はおおにゅうどう?楽しい内容ですが子供に説明することは難しかったです。

  •  「明日は遠足、晴れますように」とてるてるぼうずが下がる町。
    そんな町の上空でのんびりしていたてるてる王子。
    おやくそくの100このてるてるぼうずが揃ってしまった。しかたがない。
    たいふうでんかにちょっと話をしに行くか。

     しろいふわふわな雲をあやつる てるてる王子と黒雲の中から対抗する たいふうでんかの攻防。ニヤニヤしてしまう攻撃反撃。
    そして衝撃的なラスト!

  • 息子8歳3か月
    息子が喜びそうな本を図書館から借りてきて読み聞かせ…最近は息子が一人で読みます。作品によってはボリュームたっぷりでも読む。母はサミシイ。

    〈親〉
    絵が好き ◯
    内容が好き ◯

    〈子〉
    読んだ◯
    何度も読む(お気に入り) ◯
    その他◯

    台風が来ている時、空では何が起きているのか?!
    とてもわかりやすく解説してあります。
    息子大ヒット!
    今回図書館からかりてきた本の中で、この本をやたら読んでいました。

  • 【娘5歳セレクト】
    最初から関西弁だし内容もちょっと難しかったよう。
    絵はシュール。

  • 5'00"

  • てるてる王子や、敵の台風でんかなど、キャラクター設定や話などがかなりゆるい感じ。雲のことや、絵は細かく描かれていて、かとさとしさんを彷彿とさせる。

  • コマヤスカンさんが描く空の気象の攻防は壮大かつダイナミック。その豊かな想像の世界にワクワクし、てるてる坊主が100個確認されたら絶対に晴れにしないといけない〈てるてる王子〉と、暴れん坊の〈たいふうでんか〉のおしくら合戦の行方にドキドキしながらページをめくる。
    細かい背景や内部からの発見もユニークでおもしろい。
    予想もしない愉快なオチに「えっ!」と4歳4ヶ月の息子は言葉を失っていたw

  • 図書館

  • 30年度 5-2
    28年度(3-3)
    5分

  • 全体的に、ゆる〜い空気感なのだけど、細かい絵。
    ハイテクのようで、超アナログだし。
    カウントが「正」の字、手書きとか。
    台風の渦が、手動、人力とか。
    なんだろ、ゆる〜くおもしろいです。

    ぜったい晴れてほしいときは、てるてるぼうず100コつくると良さそうです。

全17件中 1 - 10件を表示

コマヤス・カンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×