おっとっと (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (3)
  • (5)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061324275

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犬のお父さんがおっとっととしているとき別の生き物もおっとっと。その様子がみていて楽しい絵本。

  • コウ2歳6ヶ月。「おっとっと~」と言うようになったので、借りた。繰り返しのリズムが気に入ったのかじっと見ていた。

  • 繰り返しが自分で読むのに楽しい本。
    読み聞かせなら幼稚園からいけるとおもいます。

  • 第3回ようちえん絵本大賞 受賞作品
    年少~年中

    おっとっと。といいたくなる絵本。

  •  登場人物たちが、最初から最後まで、色んな「おっとっと」を繰り広げる絵本。「おっとっと」具合にクスリとさせられるんだけど、最後までずっと「おっとっと」なので、なんとなく気持ちがせわしいまま終わってしまって残念。
     絵は、色んな技巧が凝らしてあっておもしろかったです。新しいかんじ。

  • いぬのとうさん、おっとっと。
    他のどうぶつも、おっとっと。
    ことばのリズムが楽しい。

  • やねでも?

  • おっとはたいへんおっとっと

  • ポップな絵で可愛いですよ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

詩人、児童文学作家、翻訳家。
詩集、エッセイ集のほか、創作絵本、絵本の翻訳も手掛けている。
絵本作品に「しきしきむら」シリーズ(岩波書店)『おはようきょうりゅう』(教育画劇)「ちょろちょろかぞく」シリーズ(理論社)など。
主な訳書に『ちょっとだけまいご』『どうするジョージ!』(以上、BL出版)、『ヨセフのだいじなコート』(フレーベル館)『ピッツァぼうや』(セーラー出版)等多数。


「2017年 『おなじそらのしたで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木坂涼の作品

ツイートする