たなばたまつり (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (10)
  • (4)
  • (18)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 249
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061324299

作品紹介・あらすじ

たんざくにかいた、たなばたのねがい。いつかかなうといいな。七夕の夜、短冊に書かれた願いの言葉たちは、夜の空へとのぼっていって…。願いは、きっとかなう。心あたたまる七夕のおはなし。親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◆きっかけ
    図書館の梅雨コーナーに置いてあり手に取った『あめあめぱらん』。松成さんの色使いが素敵で、彼女の他の作品も見たくなったので。2016/6/17
    ◆感想
    図書館。2歳1ヶ月。七夕も近いので七夕の本を。カラフルかつ優しい色づかい。松成さんの絵、大好きだ。

    願い事の玉が一面に広がるシーン、星が一面に輝くシーンで、娘 わー!っと大喜び。キラキラやカラフルなのが嬉しいのね。

    願い事について、近くの星に届くもの、遠くの星に届くもの、すぐに叶うものも、叶うのに何年もかかるものもある、というような表現がされていて、すごくいいな、と。幼稚園生や小学生になってからの七夕にもまた読み聞かせたい。購入候補。2017/6/28

    2021/8/28追記:
    年長娘、年少息子、今年は七夕飾りを紙で作って家の中に吊るして遊んだ。七夕が終わっても片付けたくないようでまだ飾ってある。このレビューにいいねしてくださった人がいて、その通知が入りこの本のことを思い出し、図書館で借りた。こういったきっかけをもらえるのも、ブクログの楽しいところ。相変わらずの素敵な色づかいに朗読している私も嬉しくなる本。

  • 【母セレクト】
    少し難しいけど絵は綺麗☆

  • 6分

  • Z会 年少7月おすすめ
    実際に笹飾りを作ったこともあって、お気に入りの様子。何度も読んで〜と持ってきました(^^)

  • 3歳7ヶ月 再読。

    幼稚園〜七夕の歌を歌って。

    松成さんの絵は、優しくて、でもどこか力強い。
    夢のようで、現実味のある、素晴らしい絵。

    たなばたにみんなが書いた短冊は、雨にも風にも
    負けず、一生懸命星まで届いて、みんなの願いを叶えてくれるよ。

    たなばたのよみきかせにぴったりの行事絵本。

  • 2011年度  7月 幼稚園年長
    みんなも笹飾りをつくって、お願い事を短冊に書いて
    笹につるしたとのことなので、・・・
    「お願い事になんて書いたのかな」と聞いたところ・・・・
    いっせいに「わたし、パン屋さん!」
    「ぼく、野球選手!」「わたし、おひめさまぁ!」
    その他いろいろ、聞き取れなかったのがとても残念
    みんなの「ねがいごと」がかないますように。

  • プラネタリウム対策第2弾!S太朗5歳10ヶ月で出会った本。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

松成真理子(まつなり まりこ) 1959年大分生まれ。絵本に『まいごのどんぐり』(児童文芸新人賞受賞)『じいじのさくら山』『たなばたまつり』『きんぎょすくいめいじん』『せいちゃん』(ひさかたチャイルド)『みずたまり』(森山京 作)『さくらの谷』(富安陽子 文)などがある。

「2020年 『ランカ にほんにやってきたおんなのこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松成真理子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×