グミと さちこさん (講談社の創作絵本)

  • 講談社
3.76
  • (5)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 114
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (44ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061324442

作品紹介・あらすじ

ホワイトチョコのような犬のグミ。グミは人間の女の子さちこさんとくらしていて、さちこさんがだいすき。グミは、さちこさんがある願いをもっていることをしっていました。さちこさんが、願っていても、口に出せない願い。その願いをかなえるために、グミは、まっくらな夜の空へとびだします。そして…。大宮エリーと荒井良二のはじめての絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ぐみの、さちこさんへの大好きな愛!
    ぐみ、ホワイトチョコのように白くてかわいいチワワ

  • グミがさちこさんのためにおほしさまをとってたところが
    おもしろかった

    おもしろかった?:★☆
    すきだった?:★
    またよみたい?:★
    だれかにおしえたい?:★

  • 本当は荒井良二さんの別の絵本を買いに行ったのだけど、店頭で気に入ってしまったので、こっちを買いました。

    白い犬のグミが、大好きな飼い主のさちこさんの願い事を叶えるために窓から飛び出して、星を捕まえようとどんどん空を登っていくお話。
    その途中で凍ってしまったり、
    とにかくかわいいんだけど、なんだか胸が熱くなる。

    やっぱり荒井良二さんは描き方がうまい。
    どのページもずっと眺めていたいぐらい愛おしい。
    寝ている時の光に包まれてる描写や、神様がでてきたり、個人的に琴線に触れる要素が多くて
    手持ちの絵本の中でも、特に大切な一冊になりました。

  • ようちん家にあった絵本。
    とにかくかわいー

  • 「ありがとう」っていうのが良い。

  • とにかく個人的に絵が超好み♡

  • 大宮エリーと荒井良二の化学反応

  • チワワのグミと人間で受験生のさちこさんの話。
    映像をもとに絵本として再構成したらしい。
    さちこさんの願いを叶えるべく頑張るグミがなんともかわいい。
    これは買いだね。

  • 購入日:----/--/--
    読了日:2010/11/01
    立ち読み。

    受験勉強に忙しいさちこさんのために、飼い犬のグミが、お星さまに願いを叶えてもらいに空へ飛び出す。
    でも、グミの力では叶わなくて冷たくなってしまう。
    星の間が冷たいていうのは、よかった。
    死んでしまうのかと思ったけど、無事、戻ってこられてよかったとは思うけれど、ただそれだけ、って感じかな。

    子どもが描いたような絵が特徴的。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

画家、美術家、作家。広告代理店勤務を経て、ラジオのパーソナリティ、映画監督、舞台の作演出など多方面で活躍。2012年に福武總一郎氏のモンブラン国際文化賞のお祝いとして制作したライブペインティング作品「お祝いの調べ:直島」をきっかけに絵画制作をはじめる。現在は個展や芸術祭で作品を出展し、高い評価を得ている。近著に絵本『虹のくじら』(美術出版社)など著書も多数。

「2019年 『ハートのレオナ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大宮エリーの作品

ツイートする
×