どんぐりくんの ことばえほん ぼーる ころころ ぽーん (講談社の創作絵本)

  • 講談社
3.07
  • (2)
  • (0)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061324527

作品紹介・あらすじ

絵本の世界のなかで、楽しみながら、子どもの感性を広げていける擬音語、擬態語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • オノマトペの絵本。なので読む、というよりは絵を見て語り掛けしながら楽しむ対応の絵本かも。

  • 語彙が増えそう。日本語の勉強にも便利な一冊。
    2歳くらいに改めて読みたい。

  • これは楽しい。

  • 0歳9ヶ月

    【選んだ理由】
    オノマトペ絵本を探していたら、タイトルがそれっぽかったので。手に取ったらまさかのまついのりこさん!自分にビックリ!

    【子の反応】
    初回は言葉(特にすーすー)によって笑う事もあったけれど、何度か読むと飽きてしまったのかすぐに反り返って私の膝から抜け出してしまいました、残念。

    【母の感想】
    たくさんの擬音語が出てきておもしろい!自分ではこんなに探せない!!でも子の反応は今一つ…淡い色合いで小さく細やかなイラストなので、本人は音だけで楽しまねばならず、我が子にはまだ早く物足りなかったのかなぁ。

  • 場面場面の 擬音語が おもしろい♪

  • 子どもは好きですが・・・読んであげる方はつかれる(笑)

  • 様々な擬音を絵で学ぶことが出来ます。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

まついのりこ

「2012年 『とけいのほん 2冊セット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

まついのりこの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×