さよなら ようちえん (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (8)
  • (8)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 242
感想 : 14
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061324534

作品紹介・あらすじ

ななこちゃんの通う、こばとようちえんのクラスメートを紹介しながら、卒園までの日々を描きます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公の女の子目線で、いろんな友達のこと、先生のこと、幼稚園生活のことが回想される絵本。さこももみさんの絵もとても親しみやすい。同じ作者の「ようちえんにいくんだもん」と比べても幼稚園生活のことが丁寧に描かれていて、幼稚園に通ってる子供達、これから卒園を迎える子供達に読んであげたい絵本です。

  • 装丁/田中久子

  • いま幼稚園でうたってる「思い出のアルバム」の歌詞が出てきた。ひろきくんとか、ゆみこ先生とか、本当に幼稚園にいる人の名前とおんなじ!
    泣いてるお母さんもいる。
    ぼくの一番待ち遠しい時間は、おそとあそびかな〜

    2024/01/30 6歳

  • 保育園の卒園にあわせて

  • 図書館本。長女選定本。最後の「い~ちね~んじゅ~うを~、おもいだしてご~らん~♪」を歌ってくれました。

  • 卒園をひかえるななこちゃんがおともだちを紹介しながら思い出を振りかえる。

  • 長女が好きな本で何度も何度も読んだ覚えがあり、次女も三女も同じく好きなようです。

  • ばあば(実母の方)が贈ってくれたのを読み。

    もうすぐ卒園なのでいろいろ思うところがあったような6歳児。

  • 涙無しでは 読めない絵本♪

  • 幼稚園の卒園式。
    ななこちゃんは友達の紹介を交えつつ、幼稚園生活を振り返る。
    絵を描いたり、どろだんごを作ったり、雪合戦したり。

    幼稚園の思い出。
    イベントよりもたくさんの友達の紹介がメインというのが珍しい。

    秋の落ち葉拾いで、葉っぱにいろいろな形があるように、みんなも違うという先生の言葉が印象的。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ、広島在住。東京学芸大学美術教育学科卒業後、小学校、高等学校教員を経てイラストレーターに。主な作品に『こんなときってなんていう?』シリーズ(たかてらかよ著、ひかりのくに)、『おじいちゃんちのたうえ』『さよならようちえん』『うさぎでうれしいうさぎはうさぎ』(講談社)『はっけんずかん たべもの』(学研)『ばぁ!』(マイクロマガジン社)など多数

「2023年 『チビにいちゃんとO(オー)ちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さこももみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 義史
モーリス・センダ...
エリック=カール
にしまき かやこ
長谷川義史
かがくい ひろし
なかがわちひろ
佐藤雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×