ルリユールおじさん (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
4.51
  • (83)
  • (39)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 536
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・本 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061324657

作品紹介・あらすじ

パリの路地裏に、ひっそりと息づいていた手の記憶。本造りの職人から少女へ、かけがえのないおくりもの。講談社出版文化賞絵本賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ルリユールおじさん
    2011.04発行。字の大きさは…大。

    いせ ひでこさんの素晴らしい本の再生の物語を、絵本で描いています。

    最初本を手に取り絵だけを追って見ていきました。
    いせ ひでこさんの絵は、青の使い方が素晴らしいです。
    2度、3度と絵を見ていきます。
    文字を読まなくても絵だけで物語が心の中で感じ取れます。
    1冊の女の子が大切にしている植物図鑑が、ルリユールの手職人としてのお爺さんの人生と、小さい女の子の人生が重なっていきます。
    いせ ひでこさんは、「本は時代を超えてそのいのちを何度でもよみがえるものだと」言っています。
    私は、いせ ひでこさんのファンになってしまいました。

    【豆知識】
    「ルリユール(フランス語: Relieur)」は、主にフランスで製本・装丁を手作業で行う職人を指す言葉です。また、その工程自体もルリユールと呼ぶことがあります。

    現在、ヨーロッパの製本術の正しい伝統は、主にフランスやフランス語圏においてのみ受け継がれています。フランス・パリ市内でも、今でも約50軒のルリユール製本の工房が現存しています。
    多いものでは60余もの工程があるルリユールも存在します。
    17世紀末に、活版印刷の発明によって出版・印刷・製本の境界が曖昧になった状況を背景に、フランス国王のルイ14世が下した「出版・印刷・製本業者は互いの職分を越えてはならぬ」という勅令により、製本の権利を失った出版・印刷業者が仮綴じ本を作られるようになました。この仮綴じ本や希少本の購入者が装丁や製本を依頼するのがルリユール職人です。

    日本でも栃折久美子さんが「ルリユール工房」を開くなどして技術自体は広まってきています。
    その影響もあって、日本でも伊藤篤さんなどを始めとして、数は少ないものの、ルリユール職人自体は存在しています。
    《Wikipediaより》
    2020.09.23読了

    • nejidonさん
      やまさん、おはようございます(^^♪
      素敵なレビューですね!
      いせさんの本というと、真っ先にこれを挙げる人が多いです。
      好きな人がそれ...
      やまさん、おはようございます(^^♪
      素敵なレビューですね!
      いせさんの本というと、真っ先にこれを挙げる人が多いです。
      好きな人がそれだけ沢山いるということでしょう。
      やまさんも同じように思われた、そしていせさんのファンになられたということが、とても嬉しいです。
      不思議ですよね、絵本て。大人でも虜にしてしまう。
      また良い本に出会えましたら教えてください。
      朝から清々しい気持ちになりました。ありがとうございます!

      2020/09/24
    • nejidonさん
      やまさん、追伸です。
      「大きな木のようなひと」には、すっかり成長した少女が出てきます。
      あとワタクシは次の言葉が一番印象に残りました。
      ...
      やまさん、追伸です。
      「大きな木のようなひと」には、すっかり成長した少女が出てきます。
      あとワタクシは次の言葉が一番印象に残りました。
      「名をのこさなくてもいい。
      ぼうず、いい手をもて。」
      2020/09/24
    • やまさん
      Nejidonさん♪おはようございます(^-^)
      ありがとうございます(*^_^*)
      朝一番で、Nejidonさん♪のコメントを見て、心...
      Nejidonさん♪おはようございます(^-^)
      ありがとうございます(*^_^*)
      朝一番で、Nejidonさん♪のコメントを見て、心がほがらかになります。
      きょう一日笑顔で過ごせるように頑張ります。

      「大きな木のようなひと」
      ありがとうございます、図書館に予約します(*^_^*)
      「名をのこさなくてもいい」
      私は、前によく歴史に名前を残したいと思ったことが有ります。
      あ、あぁ、よい意味でですよ(笑)
      いまは、もう思っていませんが(^-^)
      「ぼうず、いい手をもて。」
      こんなふうに師匠であり、父親から言われると人は真っ直ぐ育ちますね。
      そして、いい仕事をする人になりますね。
      いい子弟、いい親子関係が見えて来ます。

      いせ ひでこさんの本を今後も読んで行きます。
      Nejidonさん♪素敵な一日を(⌒-⌒)ニコニコ…
      2020/09/24
  • フォローしてる方の本棚で見つけた。

    光村図書の中学2年の国語教科書の読書案内でも紹介されていて、学校図書館にも購入した本だった。
    しかしながら、未読。レビューを読んで「これは読まねば!」と、灯台下暗しを反省。

    水彩画の柔らかいタッチが、パリの美しい風景をどこか懐かしさを感じさせるものにしている。
    かつて、本は高級な知の財産であった。
    何度も修復され読み継がれてきた。
    それを支える職人達がいた…それが今ではごく僅かに。
    手仕事は尊い。それをきちんと分かっている人々がいる。

    大量生産・大量消費の影で失われていくもの。

    富を築くことではなく、己の仕事の尊さに誇りをもつこと。拝金主義が跋扈する世の中では、そのような基本的なことでさえ忘れ去られてしまいがちだ。2020.1.4

  • 素敵な話でした。今は廃れようとしている本の製本・装幀の手仕事をこなすパリのおじいさんと、木の本を大切に大切にする少女の話。

    いせひでこさんの作品をきっかけに、大人でも絵本ってものによっては心に沁みるかもと思ったのがきっかけでした。子供の頃は、次々と繰り出される大きな絵に足りない想像力が補完され、そして短いストーリーに胸を躍らせたり、喜んだりしていた記憶があります。大人になってからの絵本というのは、また違うものですね。長編小説でも読破できる力、数々の映像作品も見て目が肥えている状態で、あえてこのシンプルな絵本に戻ってみる。そうすると、子供の頃とは全く逆のことが起こる感じがします。頭の中にいつもなら浮かんでくる余計な情報、余計な想像、余計な景色が見事にすぅーっと溶けてなくなってしまい、ある意味、無に近い状況になって絵本の世界へ入れます。これは新しい体験で、素敵だなと思いました。

    この絵本、ストーリーがとっても素敵なんですよね。かわいい少女がどうにかして自分の大切な「木の図鑑」を直せないか奔走する、、昨今はデジタル化が進んでおり、そもそも電子デバイスで見ることも多いですし、壊れた本は捨てられ、Amazonで翌日には配達される。物を大切にする心をおじいさんとともに教えてくれます。おじいさんが大切に大切に製本しなおし、うつくしく装幀しなおしたから、きっとこの少女は自分の植物への興味そのものも大切にされたと感じたのではないでしょうか。

    この絵本ではいせさんが、パリで今はすくなくなったルリユール(製本・装幀する職人)を観察し、非常に素敵な絵の数々を描かれています。パリを訪れたことがある人は、「あっ!こんな景色見たことがある!」と必ず思うはずです。パリの小道、アパルトマン、冬の街の様子、きっと屋外でデッサンされたんでしょうね。いせさんの淡い水彩画がなんとも、美しいパリとかわいい少女、年老いた職人のおじいさんにぴったりだったと思います。

    • まことさん
      この絵本私も、お友だちから、2冊あるのでといってプレゼントされて持っています。
      お隣に夏にフランスからバカンスにくるご一家が住んでいるので...
      この絵本私も、お友だちから、2冊あるのでといってプレゼントされて持っています。
      お隣に夏にフランスからバカンスにくるご一家が住んでいるのですが、おみせしたら、「昔のパリだ!」とフランス人のご主人が、感激しておられました(*^^*)
      2019/10/20
    • kanegon69 さん
      まことさん、コメントありがとうございます。ほんと飾っておきたい素敵な絵と話でした!
      まことさん、コメントありがとうございます。ほんと飾っておきたい素敵な絵と話でした!
      2019/10/20
  • パリの古い街並。その一角で、ルリュールおじさんは、その父親の代から本の修復の仕事を続けている。少女はおじさんの工房で、おじさんの仕事をつぶさに観察。おじさんの仕事への思いを聞き、少女の大切な本の話をする。少女のボロボロになった本はおじさんの手で一針一針閉じ直され、取って置きの表紙が巻かれる。
     芸術の街パリは、物を大切にし、古い物を直し、それがまた新たな芸術品となる文化なんですね。その思いが息づいているのですね。心洗われる本です。

  • 日本にはない文化かなと思った
    心温まる 本好きにはたまらなくいい話だ
    もったいないとか 物を大事にするとか
    そういう感覚とはちょっとチガウ
    直しの哲学 アルチザンアート
    おごらない姿勢もよかった

  • 読むたびに新しい感動を得る。

    二人が出会うまでが好き。
    おしゃべりしながら、本を綴じていくところも好き。
    繋がっていくところも好き。

  • 図書館でも見つけたいせひでこさんの本、不思議だな。絵の力なのか、涙してしまう。

  • 大切に手元に置きたい本。絵も素敵ですが、本を作るというのは、こんな手仕事なんですよ。おじいさんの手元は本当にリアルに描かれていて、古い本を大切にしたい女の子の交流が素敵です。製本をやっている者にとっても励みになる1冊です。

  • 2018/8/17 19:00

  • 最近読んだ『ルリユール』の参考図書にあったので読んでみました。

    すごくいい。 うん。


    淡いタッチの絵。
    バラバラになった図鑑を直したい少女ソフィーと
    ルリユールのおじさん。
    左右のページでそれぞれの時間軸が進み、
    出会ってからは二人の構図。

    ソフィーの自由な感じがおもしろくて、
    二人のやりとりが微笑ましい。


    あたらしい本がいっぱいあっても、この本を直したいの。
    わたしの本。わたしだけの本。
    大きくなってもずっと大切な本。


    丁寧に、丈夫に心を込めて作られたんだもの。
    そんなに大事で愛しい本。
    手にしてみたいな。


    でも実は、一番好きなフレーズは、
    あとがきにあった
    ”旅がひとつの出会いで一変する”。

全57件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

画家・絵本作家。1949年北海道生まれ。東京藝術大学卒業。
『マキちゃんの絵日記』で野間児童文芸新人賞、『水仙月の四日』で産経児童出版文化賞美術賞、『ルリユールおじさん』で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。
おもな絵本に『まつり』『大きな木のような人』(講談社)、『1000の風1000のチェロ』『にいさん』『チェロの木』(偕成社)、『あの路』(文・山本けんぞう)『わたしの木こころの木』(平凡社)などのほか、詩人長田弘との絵本『最初の質問』『幼い子は微笑む』(講談社)、エッセイ『旅する絵描き パリからの手紙』『七つめの絵の具』(平凡社)など。作品はフランスなど海外でも翻訳出版されている。
自らおすだか慰霊登山を続け、親交の深かった美谷島氏と「いのちと祈り」の絵本を実現させた。『おさびし山のさくらの木』(BL出版)に続くいのちの物語。

「2020年 『けんちゃんのもみの木』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いせひでこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湯本 香樹実
トミー=アンゲラ...
馬場 のぼる
マージェリィ・W...
シェル・シルヴァ...
酒井 駒子
有効な右矢印 無効な右矢印

ルリユールおじさん (講談社の創作絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×