どーんちーんかーん (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.88
  • (8)
  • (9)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 102
感想 : 15
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (52ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061324787

作品紹介・あらすじ

ドッキドキの昔話
これは うちの おじいちゃんの そのまた おじいちゃんから ずっと かたりつがれた おはなし

いたずらの大好きなやまぶしさん。今日もキツネをからかって、ごきげんです。ところが、「どーんちーんかーん」と、どこからかふしぎな音が聞こえてきて……。

※このおはなしは、九州・四国地方を中心として、日本全国に広がる昔話『山伏狐』のひとつです。

※6歳から

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 3歳からおすすめ。
    怖い話に興味を持ち始めた園児さんにおすすめ。
    ゾクッとするけども、絵柄がかわいいので、安心して読めます。
    読後感も良いです。

  • 「なにか たのしい いたずらが したいな」

    いたずら好きな展開とイラストがベストマッチした絵本。あー面白かった。(6分)#絵本 #絵本が好きな人と繋がりたい #どーんちーんかーん #武田美穂 #講談社の創作絵本

  • 2015.10.29

    徳島弁の表現に苦戦
    お話は ぞくりとして良い!

  • 絵も語り口もかわいいが、実は怖い民話です。

  • イタズラ好きな やまぶし。きつねを 脅かしたのはいいけれど…途中 ドキドキしました。

  • イタズラ大好きなやまぶしが、狐を驚かして大笑い。
    しばらくすると、日がくれてきて…、葬式の行列がやってきて、埋められた柩からなんと山姥が!
    狐にばかされるお話。
    ちょっと怖くて、面白いお話。

  •  いたずらが大好きなやまぶし。きもちよさそうにねているきつねを見つけ、その耳もとにほらがいをよせ、おもいっきりふきたてた!おなかをかかえて大笑いした後、また山道をあるきだしたのだけれど…。
     九州・四国地方を中心として、日本全国に広がる昔話『山伏狐』の1つ。武田さんの徳島のおじいちゃんのそのまたおじいちゃんからずっと語り継がれたお話。いたずらされるきつね、仕返しをされる山伏。やさしくユーモアたっぷりな、語りかけるような文章。

  • 5年生に読みました。
    武田美穂さんの絵はみんな見たことがあり、親しみがあるようでした。
    山伏がきつねにいたずらを仕掛けて怖い仕返しをされるお話で、やまんばが追いかけてくるところなどは迫力がありますが、擬音語が面白いようで子どもたちはクスクス笑っていました。
    起承転結がはっきりしており、先も何となく予想しながら安心して聞けるようです。愛嬌があり、最後もほっとして終わってすっきりします。

    四国や九州に伝わる「山伏と狐」という昔話をもとにしたおはなしだそうです。

  • おもしろかった。子ども達も、ぎっちらー、ばっちりーという擬態語のとりこに。三年生のクラスで、読み聞かせにも使いましたが、みんなくいいるように聞いてくれました。

  • 武田美穂流、昔話かな?言葉が面白い。読み聞かせも出来るけれど、読む人によって雰囲気がかなり変わるでしょうね。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

『となりのせきのますだくん』で絵本にっぽん大賞、講談社出版文化賞絵本賞、『すみっこのおばけ』で日本絵本賞読者賞、けんぶち絵本の里大賞、『おかあさん、げんきですか。』で日本絵本賞大賞を受賞。NHKの子ども向け番組のキャラクターなども手がける。

「2023年 『どんぐりとやまねこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武田美穂の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×