おばけサーカス (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.26
  • (2)
  • (5)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 117
感想 : 14
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061324855

作品紹介・あらすじ

ひろばにやってきたサーカス。けいこをしていたのは…三十余年の時を経てよみがえる名作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 不思議なお話。一回ではよさが十分にわからない。繰り返し読むともっと面白く感じるかもしれない。かみさまのめがねに余韻が似ている。

  • 2021.10 5-3

  • 別冊太陽『こわい絵本』選書  
    「非日常な、「おばけ」+「サーカス」。広場にやってきたサーカス団は、本物のおばけとバレないようにといっても人間そっくりでは面白くないし、「ほどほどに」演じるのが大切と心得ている。」

  • おばけの赤ちゃんがかわいい。

  • 大きな広場にある日サーカスのテントが立ちました。
    おばけサーカスとあります。
    人々はわくわくしながら待っていました。
    サーカスの団員は、おばけのおとうさん、おばけのおかあさん、おばけのおじいさん、おばけのおばあさん、おばけのおにいさん、おばけのおねえさん、おばけのあかちゃん。
    ある夜、日頃の特訓の成果を、みんなで披露して一夜だけのサーカスが開かれました。
    上達したみんなの演技に大満足したおばけの家族は、テントをたたみ、翌朝くらいうちに広場を後にしました。
    明るくなって愉しみに集まった人々は何にもない広場で首をかしげるのでした。


    平成28年3月8日(火)  5-2

  • フワフワと、心も体も軽くなるような不思議お話。
    でも、最後が何だかわからない。
    お披露目しないのかしらん・・・?
    作者の隠された意味がある?
    わからなーい、不思議なお話。

  • シュール。

  • いつのまにかあらわれ誰にもサーカスを披露しないで消えてしまうおばけサーカス。その感じがとてもおばけらしいなって思ったりしました。

  • 佐野洋子さんはこんなに優しいタッチの絵も描けるんだな。
    ぺろぺろを“匹”と数えてる。おにいさんの出し物がきれい。

  • 2012年4月8日

    装丁/丹羽朋子

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1938年、北京生まれ。絵本作家。ベストセラー『100万回生きたねこ』のほか『おじさんのかさ』、『ねえ とうさん』(日本絵本賞/小学館児童出版文化賞)など多数の絵本をのこした。
主なエッセイ集に、『私はそうは思わない』、『ふつうがえらい』、『シズコさん』、『神も仏もありませぬ』(小林秀雄賞)、『死ぬ気まんまん』などがある。
2010年11月逝去。

「2021年 『佐野洋子とっておき作品集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐野洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
馬場 のぼる
マージェリィ・W...
エリサ クレヴェ...
ジョン・クラッセ...
平田 研也
ユリー・シュルヴ...
モーリス・センダ...
ユージーン トリ...
トミー=アンゲラ...
ジョン・クラッセ...
エリック・カール
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×