すてきな ひらがな

著者 :
  • 講談社
3.65
  • (3)
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 121
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061324886

作品紹介・あらすじ

ことばの基本、ひらがなっておもしろい!

日本語の基本の基本、「ひらがな」のおもしろさを絵と写真で表現した絵本で、英単語も盛り込んであり、英語を学びはじめた子どもたちにもおすすめです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 五味太郎さんのあいうえお絵本。それぞれの文字で成り立つものがいくつも載っておりあいうえおを勉強できる。これはあいうえおの絵本でよくあるが、この本には英語も紹介されているのと、あであればあのつくものであというひらがなが書かれており、なかなか面白い。

  • 左ページに大きくひらがな一文字。
    書き順も載っている。
    右ページにはそれぞれのひらがなで始まる言葉の絵と文字が書かれている。。

    そのものも写真で載っていて「あ」の「あか」なら赤い絵の具で「あ」と書かれ、「く」なら「釘」がくの字に曲げられ「く」と読めるようになっているのが面白い。

  • 2013.6.24市立図書館
    左ページにおおきくゴシック体のひらがなに書き順、
    隣ページにローマ字の読み(英語でその音を含む単語例付)、
    そのひらがなではじまる言葉が5つほど、これも英語の対訳付き。
    それぞれのことばに添えられたイラストや写真もたのしいし、
    「ルッコラ」以外に本来カタカナで書くべき言葉はないのも行き届いている。
    巻末にはひらがな一覧表、濁点、半濁点のつく文字とその読み方、
    ちいさい「つ」「や」「ゆ」「よ」のある言葉の例、
    特別な使い方をするひらがなとして「ん」助詞の「を」「は」「へ」
    の用例とかんたんな解説。
    ・・・という具合に、日本のこどもはもちろん、
    外国の子どもや日本語を始めようとしている大人も
    たのしくひらがなに親しめるように工夫のある一冊。
    日本人の大人が読んでも、あらためて発見があるはず。
    欲を言うなら、大きく提示するフォントは、
    指でなぞって練習にも使うことを考えると
    書き文字にもっと近いものか手書きがよかったかなぁ。

  • あいうえおの本。
    文字に興味を持った息子に読むと、一緒に「あ」「い」「う」と読んでる風です。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

五味太郎 1945年生まれ。工業デザイナーを経て絵本の世界へ。サンケイ児童出版文化賞、東燃ゼネラル児童文化賞、ボローニャ国際絵本原画展などで数多くの賞を受賞。絵本に『きんぎょが にげた』『かぶさん とんだ』『さんぽのしるし』『ばったくん』『みんなうんち』『からだの みなさん』『どこまで ゆくの?』『にているね』(以上、福音館書店)『まどから おくりもの』『仔牛の春』『つくえはつくえ』(以上、偕成社)『かくしたの だあれ』『たべたの だあれ』(ともに文化出版局)『さる・るるる』(絵本館)「らくがき絵本」シリーズ(ブロンズ新社)など多数。絵本論『絵本をよんでみる』(平凡社)、絵本の仕事をまとめた『五味太郎 絵本図録』(青幻舎)がある。

「2023年 『おでかけ版 ひよこは にげます』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五味太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×