ステキナ カタカナ

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061324916

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すてきなひらがなとセットでプレゼントしたい。

  • 2013.7.1.市立図書館
    ひらがな編と同様に、日本のこどもはもちろん、外国の子どもや日本語を始めようとしている大人もたのしくカタカナに親しめるように工夫のある一冊。
    左ページにはおおきくゴシック体のカタカナに書き順、隣ページにローマ字書きで発音、まわりにそのカタカナではじまる言葉や国名が5つほど、それぞれにカタカナ(日本語での呼び方)、ローマ字、英語とその発音がついている。
    それぞれのことばに添えられたイラストや写真もたのしいし、選ばれているカタカナ語も、英語からの借用以外にドイツ語オランダ語などあること、いわゆる和製英語も混ざっていてそのへんはちゃんと注釈付きなので、外国由来のことば専用の文字がどのように活躍しているのかよくわかる。
    巻末にはカタカナ一覧表、濁点、半濁点のつく文字とその読み方、それに各ページで取り上げきれなかった世界各国の国旗と名前を(漢字のみの中韓日も含めて)掲載(←旗の意匠もとりどりだし、日本語のカタカナ読みと英語の読み方がずいぶん違うことがわかって、これをながめているだけでも楽しい)。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

五味 太郎(ごみ たろう)
1945年、東京都生まれの絵本作家。桑沢デザイン研究所ID科卒業。絵本を中心とした創作活動を続け、400冊を超える作品を発表。海外でも50数種類の本が翻訳され、10数カ国で出版されている。『かくしたのだあれ』『たべたのだあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画 展賞、エッセイ『ときどきの少年』で路傍の石文学賞など受賞。『きんぎょがにげた』『さる・る・る・る』『ことわざ絵本』など、ミリオンセラー多数。

五味太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
tupera t...
かがくい ひろし
かがくい ひろし
トミー=アンゲラ...
ヨシタケシンスケ
なかがわ ちひろ
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする