しょうがっこうへ いこう (講談社の創作絵本)

  • 講談社
4.05
  • (23)
  • (20)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 470
感想 : 25
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061324961

作品紹介・あらすじ

ちょうれい、じゅぎょう、きゅうしょく、おひるやすみ…。きょうは、どんないちにちがまっているのかな?めいろ、さがしえ、まちがいさがし、かずあて。小学校の1日を、遊びながら学べるたのしい絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2023-05 1年生
    楽しく読めました。
    もちろん、お持ち帰りされました!

  • 6歳〜。間違い探し、迷路など、遊びの要素を取り入れた作品。小学校入学を控えたお子様、特にお笑いが好きなタイプのお子様におすすめ。
    再読2202307

  • 入学間近の息子に買いました。
    絵も面白くて隅々まで見入ってしまいました。
    小学校は楽しいところだよ!楽しみだね!という入学前のわくわくを感じられる楽しい一冊でした!

  • 新1年生になるこどもと一緒に。
    小学校の1日の流れもイメージしやすく、間違い探しなどこどもも楽しめる仕掛けがいっぱい。楽しめました。おすすめ!

  • 小学校入学前に読むのにぴったりの絵本。
    迷路、探し絵、間違い探し、クイズなど、どれもユニークな内容で楽しい。
    小学校に行きたい気持ちを高めてくれる。

  • 迷路に校長先生当て、学校内探し、間違い探しなどで楽しく小学校を紹介。
    新一年生に小学校ってこんなだよ、って話すのにとても良い絵本。

    小学校歴3年のチビ兄ちゃんも一緒になって夢中でみてる。
    いろんな話が広がって楽しい。

    「4こあるよ。学校までいくとこと、校長先生探すの。あと、学校の中探すのと保健室。面白かった。」(M6)

  • 「ちょうれい、じゅぎょう、きゅうしょく、おひるやすみ…。きょうは、どんないちにちがまっているのかな?めいろ、さがしえ、まちがいさがし、かずあて。小学校の1日を、遊びながら学べるたのしい絵本。」

  • クイズをやりながら読める面白い本

  • 小学校の一日の流れ、子どもたちに気をつけてほしいことを、楽しく分かりやすく学べる良書❗

  • いろいろな知恵の要素も含まれてて楽しみながら読めました。もうすぐ小学生の息子に。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年、東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞受賞。「どうわがいっぱい」シリーズの作品に、「もぐら」シリーズ、「ペンギン」シリーズなどがある。

「2022年 『がっこうのおばけずかん シールブック 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斉藤洋の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×