のぞいてみたら (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.35
  • (2)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 96
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061324978

作品紹介・あらすじ

「そんなに おこらなくても いいじゃない!」
おもちゃを片付けずにお母さんから怒られたはなちゃんは、
家を飛び出します。街の商店街を通り抜け、いつの間にか裏山に入り込んでしまったはなちゃんですが、そこで不思議ながけを見つけます。がけにはぽっかりと穴があいていて、そこに近づくと……。
なんと見たことのない生き物でいっぱいの世界が広がっていたのです! はなちゃんは、初めて見る生き物に目を奪われ、瞬く間に夢中になりますが、よく見るとその穴の上にもまた違う穴があるのを発見します。気になってその上の穴をのぞくと、また別の景色が広がっていて……。
実在したアロマロカリス、エチゼンリュウ、パレオパラドキシア、マンモスなどの昔の生き物がたくさん登場する、楽しい絵本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私ものぞきたいわ。
    ぷんぷん怒っていても、気持ちが変わって帰れるだろうなぁ。

  • 部屋を散らかしてお母さんに怒られ、家出したはなちゃんが辿り着いたのは裏山。大きな崖に開いた複数の穴をのぞいてみるとそこには…。
    なぜか崖を砂丘だと言い張っていた4歳10ヶ月の息子。太古の海から古生物の森、恐竜、マンモス、石器時代の親子…次々現れては好奇心をガンガン刺激する穴の世界に無我夢中。最後に出てきた赤ちゃんの正体にはすぐに気がついて察しがよかったなぁ。
    お家で帰りを待つ人、お家に帰ってくる人、双方の幸せを感じてほっこりする読後。

  • 地層のがけをのぞいてみたら。
    年代ごとに描き分けている。
    生まれたときのこと
    誕生の喜び
    人権 命

  • 素直な気持ちで「ただいま」って言えるね。よかったよかった♪

  •  うらやまのがけで見つけたふしぎなあな。のぞいてみたら…。重なる地層をのぞくと、それぞれの時代の様子をのぞけるというのがおもしろかった。一番新しい地層をのぞくと…という最後の部分が◎。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

東京都出身。作品に『ウッソースやきそば』『おばけのひやめしや』『おならバスのたーむくん』『のどぼとけさん』(作・尾崎美紀)『コケコックさん』(作・林木林)(以上、ひさかたチャイルド)、『しょくぱんちゃん6しまい』(鈴木出版)、『おかあさん、おみやげ』(フレーベル館)、『もんぜんバナナ』(文研出版)、『みてみてバナナ』(国土社)、『ムカムカ! “いかり”は あばれんぼう』(監修・まつまるみき/少年写真新聞社)他がある。

「2023年 『ぼく、トイレ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ささきみおの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×