よみきかせ日本昔話 わらしべちょうじゃ (講談社の創作絵本 よみきかせ日本昔話 夏の巻)

  • 講談社
3.28
  • (2)
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 122
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061325074

作品紹介・あらすじ

よみきかせ日本昔話の3・4歳むけ夏の巻は「わらしべちょうじゃ」
 あるところに、働いても働いても貧しい若者がいました。なんとか少しはらくになりたいと、観音様にお参りすると、「このお堂を出て、さいしょにつかんだものを持って旅に出よ」とのお告げ。びっくりして外に転がり出た若者が、思わずつかんだのは、わらでした。
 「なーんだ、こんなものをつかんでしまった・・・」。それでも気を取り直し、わらに、つかまえたあぶをくくりつけて、歩いてゆくと・・・。
 「あの、あぶほしい!」。往来の牛車の中から子どもの声がします。お供のものがやってきて、ゆずってほしいと言います。快く渡すと、かわりにみかんをくれました。
 このように1本のわらから、つぎつぎ交換していって、ついには長者になるというお話。石崎洋司さんの文と西村敏雄さんの絵がお話にぴったりのひょうひょうとした味をだしています。おおよそ4分ほどで読みきかせできる長さです。
 短いおまけのお話「おはなしもうひとつ」には、「しおふきうす」を収録。どうして海の水が塩辛くなったのかという、はじまりのお話です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どんなに働いても暮らしが楽にならない男が、観音様の言葉通り”最初に拾ったもの”(わらしべ)を持って旅にでます。
    道中、いろんな人に遭遇し、男の優しさは形を変えていきます。
    広島県の昔話が元で、同じ内容のお話もたくさんあるようです。

     対象:3、4歳から <日本の昔話>

  • 「あるところに、働いても働いても貧しい若者がいました。なんとか少しはらくになりたいと、観音様にお参りすると、「このお堂を出て、さいしょにつかんだものを持って旅に出よ」とのお告げ。びっくりして外に転がり出た若者が、思わずつかんだのは、わらでした。
     「なーんだ、こんなものをつかんでしまった・・・」。それでも気を取り直し、わらに、つかまえたあぶをくくりつけて、歩いてゆくと・・・。」

  • 1本のわらしべがみかんに、みかんが反物に、反物が馬に…とめくるめく交換の果てに富を手にするという夢のようなお話。主人公は貧乏だけど心根が優しい男だったから、それが報われたってことなんだろうな。
    昔話にしてはハッピーエンドの印象だが、最後の交換をした家の主人の「三年経ってもわしが戻らなかったら、この屋敷も田んぼも、おまえにやろう」の遺言めいた言い残しが引っかかっていったい何の旅に出たんだか気になってしょうがない。大人の余計な詮索w
    5歳5ヶ月の息子もお話より「これがむかしの乗りものなの?」と牛車に興味津々w

  • 2019.4

  • 2018年度 5月 6年生
    意外にもこのお話を知らない子供達が多かったようでした。
    サクセスストーリーというのはどんな時代のもでもわくわくするもの!
    TGさんの読み聞かせにどんどん入り込んできているのが
    後ろで見ていてよく伝わってきました。
    最後に男が留守番をしていたお屋敷の主人が、3年、5年と
    帰ってこない所では、「あともうちょっと!」と前のめりになる皆の背中が
    男を応援しているのがよくわかりました。

  • ざっくりとした絵柄とお馬さんが描かれた表紙が気に入ったようで息子が自分から手にとって借りました。トントン拍子に資産が大きくなっていく展開が親としては面白かったものの、息子の反応はイマイチ。「わらしべ」も「反物」も馴染みがないから仕方ないかもしれません。もう少し年齢が上がってから再チャレンジします。(3歳5ヶ月)

  • 978-4-06-132507-4 33p 2012・5・23 1刷

  • 物々交換。
    少ない元手資産家になった人のお話。

  • 私の世代は誰もが知っているだろう有名な昔話。
    でも、今の子は案外昔話を知りません。
    このおもしろいお話を是非聞かせたい。
    西村さんの絵はページいっぱいに描かれていて親しみやすい表情で子ども達への読み聞かせにぴったりです。

    巻末にもう一つ「しおふきうす」というお話が載っています。
    こちらは少ない絵でお話を楽しむようになっています。

    わらしべちょうじゃのお話だけを 味わうようにゆっくり読んで6分半くらい。

  • 日本昔話。

    1本のわらしべから、物々交換で、だんだんと良い物をもらい、最後にはお金持ちになるというもの。
    オマケで「しおふきうす」の話も載っている(3p)

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。慶応大学経済学部卒業。
『世界の果ての魔女学校』で野間児童文芸賞、日本児童文芸家協会賞受賞。
主な著書に、「黒魔女さんが通る!!」シリーズ(講談社青い鳥文庫)、
『杉原千畝 命のビザ』『福沢諭吉 「自由」を創る』(講談社火の鳥伝記文庫)、
翻訳の仕事に『クロックワークスリー マコーリー公園の秘密と三つの宝物』(講談社)、
「講談えほん」シリーズ(講談社)、「少年弁護士セオの事件簿」シリーズ(岩崎書店)などがある。

「2023年 『黒魔女さんと最後の戦い 6年1組 黒魔女さんが通る!!(20)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石崎洋司の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×