博物館の一日 (講談社の創作絵本)

  • 講談社
3.93
  • (15)
  • (12)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 321
感想 : 23
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061325302

作品紹介・あらすじ

恐竜の化石や、ハチ公のはく製など、さまざまなものが展示されている博物館。そこではたらく研究者は、どんなおしごとをしているのでしょうか?クジラのような大きなものはどのようにして展示するのでしょうか?あそんで学ぼう!国立科学博物館の一日。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どこかで目にして、おもしろそうだと思ったので、図書館で借りた

    タイトル通りの絵本
    男の子が、お父さんと一緒に、国立科学博物館へ行くおはなし

    装丁のクジラをみて、もしや?と思ったら、実在する博物館が舞台になっている
    まるまる一冊、国立科学博物館の宣伝のようだここまで博物館押しなのは、子どもの足が博物館から遠のいているということなのだろうか
    装丁と標題紙の絵は同じなのだけれど、後者のほうが良い
    内容は、化石を壊さずに持ち帰る方法、レプリカを作る方法、骨格標本を作る方法など、へえ!と思うことも多いし、掃除について触れていたのも良かった
    これらの内容のどれかひとつにクローズアップした絵本などがあっても、おもしろいと思う
    私の次にも誰かの予約が入っているようなので、返却期限より早めに返そう

  • 国立科学博物館行ったことのある人は楽しいかも
    中がそのまんま

  • 6歳からおすすめ。
    実際に足を運んでみたくなります。
    本シリーズは、絵もわかりやすく、普段は接しないテーマに子どもが関心を持つようにという製作者の想いが伝わってくる良い作品です。
    続刊を強く、強く期待しています。

  • 一回行ってみたことはあるけど、しらないところもいっぱいこの本にのってて、また行ってみたくなった。

  • 図書館本。長女が選んだ本。国立科学博物館は3回足を運んだので、長女も覚えていてお気に入りの場所。そんな本を見つけられて、嬉しそうな長女でした。

  • 息子8歳4か月
    息子が喜びそうな本を図書館から借りてきて読み聞かせ…最近は息子が一人で読みます。作品によってはボリュームたっぷりでも読む。母はサミシイ。

    〈親〉
    絵が好き ◯
    内容が好き ◯

    〈子〉
    読んだ◯
    何度も読む(お気に入り) ◯
    その他

    図書館の「福袋」に入っていました。
    テーマは「はくぶつかん」。


    国立科学博物館の中がわかります。
    行ったことがある場所が描かれているので、息子も喜んでいました。

    展示物の掃除のおはなし、もっと知りたいです。

  • 「一日」というか、恐竜化石標本の部分が手厚い気がする。

  • このほんすごい。たまたま見つけたけど、この前に行った国立科学博物館の絵本。忠実に再現されてて、博物館に行ったときの記憶がよみがえる。恐竜化石の発掘方法が詳しく説明されてます

  • 2013.11.16読了

  • ぼくも、こんどこくりつかがくはくぶつかんに行きます。ぜんぶ見たいけど、中でも1ばん行ってみたいと思ったのは、ちかにあるぜんきゅうがたシアターです。絵本に出てくる男の子みたいに、ぼくも「いっしょにとんでるみたい」なかんじになりたいです。(小2)

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年、横浜市生まれ。会社勤務を経て、東洋美術学校でデザインを学び、その後、イラストレーター、絵本作家として活動。1991から1992年、通産省(当時)ポスター通産大臣賞受賞。日本ビジュアルアート展準入賞。著書に『野球場の一日』『博物館の一日』『ロケット発射場の一日』(いずれも講談社)、『未来をつくる仕事がここにある 通信会社図鑑』『未来をつくる仕事がここにある 陸送会社図鑑』『未来をつくる仕事がここにある サイバー』(いずれも日経BP)などがある。

「2023年 『宿場町の一日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いわた慎二郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーカス・フィス...
モーリス・センダ...
A.トルストイ
マージェリー カ...
川端 誠
ユージーン トリ...
やぎ たみこ
ジョン・クラッセ...
tupera t...
佐藤雅彦
ポール・フライシ...
加藤 休ミ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×