いもほり コロッケ (講談社の創作絵本)

  • 講談社
3.94
  • (11)
  • (13)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 261
感想 : 18
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061325371

作品紹介・あらすじ

行事と食べもののよみきかせ絵本、第2弾!
まきおくんは、やっと掘り当てた特大サイズのじゃがいもで、コロッケを作ることになりました。お母さんと妹といっしょに、じゃがいもを洗って、ゆでて、いためた玉ねぎとお肉をまぜて、かたちを作ります。お母さんが油で揚げてくれたコロッケは、さくさくで、あつあつで ほくほく。それを、まきおくんは、もぐもぐと頬張ります……。おいしくて楽しい、くすっと笑みがこぼれるあったかい物語です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 幼稚園?小学校?でまきおくんが芋掘り。友達のてっぺいくんとのやりとりや芋掘りの動きなど絵がとてもダイナミック!その芋を家に持って帰ってからは、コロッケ作り。そちらも絵や表情がとても秀逸で、子供も何度となく読んで欲しいという絵本です。

  • 芋掘りに行ったので、絵本読んでコロッケ作りました

  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00490313

    まきおくんは、やっと掘り当てた特大サイズのじゃがいもで、コロッケを作ることになりました。お母さんと妹といっしょに、じゃがいもを洗って、ゆでて、いためた玉ねぎとお肉をまぜて、かたちを作ります。お母さんが油で揚げてくれたコロッケは、さくさくで、あつあつで ほくほく。それを、まきおくんは、もぐもぐと頬張ります……。おいしくて楽しい、くすっと笑みがこぼれるあったかい物語です。(出版社HPより)

  • 折角四季のある国にいるのだから、季節感を味わうことは、とても大切!

    実際に体験できないことは絵本で体験しましょう。

    採れたてのジャガイモはどんなに美味しいのかなー?と想像が膨らむ絵本です。

  • 2020.05.15

  • 自分で掘ったじゃがいもを持って帰り、家族一緒にコロッケ作り。味も格別だろうね。

  • コロッケ、家で揚げるの果てしなくめんどうくさい。買ってきた方が安いし楽。我が家ならジャガイモ掘ってきたら、カレー、肉じゃが、シチュー、ジャーマンポテト、ポテトサラダになります!!(2歳9ヶ月)

  • たくさんほったおいもでおおきなコロッケをつくったよ。

  • 5分。ジャガイモ掘りから帰宅してコロッケ作りまで、楽しく明るいお話。

  • 自分で掘って、採ったじゃがいもがおうちで大好きなコロッケに変身。いつものコロッケより、おいしくて、楽しいんだろうな、が伝わってくるわくわくな絵本。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年愛知県生まれ。2000年頃より、妻のこばようこ氏とともに絵本をつくりはじめる。第4回ピンポイント絵本コンペで最優秀賞を受賞。作品に、『タイムカプセル』『トイレたんけんたい』(フレーベル館)、『おうじょマーガリンとおばけのこ』(学研教育出版)、『いしっころ』(ひかりのくに)、『ぐらぐらスプーン』(BabyKumon)、『ゆきせんにんのひっこし』(教育画劇)などがある。幼児雑誌への寄稿・エッセイ執筆なども手がけている。八王子市在住。

「2013年 『いもほり コロッケ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おだしんいちろうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
かがくい ひろし
長谷川 義史
酒井 駒子
加藤 休ミ
ジョン・クラッセ...
モーリス・センダ...
長谷川義史
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×