オチビサンの ひみつの はらっぱ (講談社の創作絵本)

  • 講談社
3.57
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061325753

作品紹介・あらすじ

季節の変化を見つめ、小さな日常に耳をすませる--。
人気漫画「オチビサン」の世界が、絵本になりました! 

 ふるい ビルが こわされて、ちいさな あきちが できました。
 そのうちに、いろいろな 草が 出てきて、小さな 花が さきました。
 でも、いそがしい 人たちは、たちどまって 見ようとしません。
「それなら、きょうから ここは 〈オチビサンの はらっぱ〉だ!」

豊かな色彩で安野モヨコが描き下ろします。
NHK Eテレ「てれび絵本」でも放送(語り・安田成美)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オチビサン、漫画をまだちゃんと読んでいなくて、とりあえず図書館にあった『オチビサンの ひみつの はらっぱ 』を。
    ほんわかしていいなあ。久々にじっくり見た安野モヨコさんの絵、以前に読んだ漫画の華やかな雰囲気とはちょっと違って、それがまたこのお話と松田素子さんの言葉にぴったりな感じ。
    ひみつのはらっぱ、そこら中にいっぱいある気がしてきました。
    そしてやっぱり、漫画のオチビサンを読みたくなったな。
    安野さんの世界、好きです。

  • オチビサン絵本~!!><

    アマゾンのあなたへのおすすめ本は便利だなー

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九七一年三月二六日、東京都生まれ。漫画家。『シュガシュガルーン』で第二九回講談社漫画賞を受賞。著作に『ハッピー・マニア』『さくらん』『働きマン』『鼻下長紳士回顧録』『オチビサン』、エッセイ集「美人画報」シリーズ、『くいいじ』などがある。

「2018年 『黒い炎 黒い炎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安野モヨコの作品

ツイートする