じつは よるの ほんだなは (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (37)
  • (40)
  • (29)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 524
感想 : 39
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061325845

作品紹介・あらすじ

本作は、第34回講談社絵本新人賞佳作を受賞した澤野秋文氏の第二作です。2013年に刊行されたデビュー作『それなら いい いえ ありますよ』は、緻密で鮮やかなイラストと、昔話のような教訓が入った見事なストーリーが好評を博し、第6回MOE絵本屋さん大賞新人賞5位を受賞、4刷まで版を重ねています。澤野氏の作品の魅力はなんといっても、その「卓越した画力」にあります。細部まで緻密に描き込まれたタッチ、映画のようにダイナミックな視点で描かれた構図など、見ごたえのある画風が特徴です。
 本作は、その澤野氏の絵の魅力が存分につまった一冊。みんなが寝静まってからの「夜の本棚」が舞台です。実は、夜中の本棚では、本の中の挿絵たちが飛び出して大騒ぎだった……というところからお話は始まります。挿絵たちにとって、夜は遠慮なく遊べる楽しい時間。動物図鑑の「りす」が、木の実を探して植物図鑑に遊びに行ったり、「桃太郎」が強い仲間をほかの昔話の絵本に探しに行ったりと、てんやわんや。そんな挿絵たちを見張っているのが、犬張子の「こたろう」なのですが、連日大忙しのこたろうは、思わずうとうとしてしまい……。なんと、気づいた時には、ほかの本から帰ってこない迷子の挿絵たちが大量に! 朝までに元の本に戻さなくちゃ! 
 今回は、おはなし仕立てで探し絵も楽しめる、澤野氏ならではの会心の一作。意外なところに意外なキャラクターが隠れていて、読みごたえも抜群です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 澤野秋文さんの絵本「じつは よるの ほんだなは」 桃太郎にシンデレラ、忍者、妖怪が互いの本を行ったり来たり!?|好書好日
    https://book.asahi.com/article/14597384

    『じつは よるの ほんだなは』(澤野 秋文)|講談社BOOK倶楽部
    https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000138401

  • 〝皆さん、夜の本棚がいったいどうなっているか、ご存じですか? ん? ご存じない? 実は夜の本棚は・・・〟絵本や童話の中から飛び出してきた、ありとあらゆる<挿絵キャラ>たちが、思い思いに遊び戯れているのです。この本棚を見張る張り子の猫<コタロウ>は、居眠りの最中です。行方不明の桃太郎を探す猿と雉、ガラスの靴を失って高下駄をはいたシンデレラ、幽霊と忍者と侍の乱闘・・・百花繚乱の夜の本棚の光景は、子どもたちの夢の世界の再現です。

  • 犬張り子の「こたろう」と一緒に、いなくなった挿絵たちをさがして!

    『ウォーリーをさがせ』、『おしりたんてい』、『ミッケ!』などなど、探す系の本は多いけれど、和風の探し物は珍しい。
    『ミッケ!』や『ウォーリーをさがせ』ほど難しくないので、年少、年中くらいの子でも楽しめる。
    お話を読むだけでも楽しい。

    忍者のページはおすすめ。
    絵の中の話は細部までしっかり読んで!
    千代紙のページはきれい!
    子供たちにお馴染みの桃太郎やシンデレラも登場して、他の絵本も読んでみたい、となってくれるかな?
    ちょっと下心もあるけれど、子供たちに読み聞かせをし続けていると、我が家では6年後くらいに効果が出てきた、気がする。

  • 夜の本棚は本から抜け出した挿絵が大騒ぎ。貼り子犬のこたろうがうっかりウトウトしてしまい。
    ウォーリー系の絵本なんだけど、とにかく絵が可愛い。
    カラフルで観ていて飽きない。
    「桃太郎、金太郎にきびだんごやってるよ。マジ?」(S10)
    表紙裏と裏表紙裏の絵まで楽しい。
    一通り読んでまた開く。
    この話ってなんだっけ?って言いながら。

  • ページからはみだしそうにていねいに描かれたイラスト
    「これは老眼鏡かけなきゃ」って思いました
    幼い人が昔話??のとき、色々話しながら読んでいくのが楽しいでしょうね
    大正か昭和の始めの雰囲気の本棚です
    《 とびだして よるのほんだな おおさわぎ 》

  • [台東区図書館]

    子どもコーナーの特集が「本」関係だったうちの一冊。

  • 4歳0ヶ月の娘へ。

  • 5歳の子どもと読みました。
    ウォーリーを探せみたいに、登場人物を探す要素があっておもしろかったです。
    絵もかわいくて、子供は「明日の寝る前も読んで!」と言っていました。

  • 3歳の子が何度も読んでと持ってくる本。世界観が大好き。何度読みたい。読む度にいろんな発見があるのでおもしろい。

  • ちょーおもしろかった。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1981年生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。デザイナー。
第27回・第31回・第34回講談社絵本新人賞佳作受賞。
2013年に、はじめての作品となる『それなら いい いえ ありますよ』(講談社)を発表。
他の作品に、『たなから ぼたもち』(作・くすのきしげのり/あかつき教育図書)、『うみのそこたんけん』(文・中川ひろたか/アリス館)、『かべのすきま』 (文・中西翠/アリス館)、『じごくにアイス』(作・ナカオマサトシ/ひさかたチャイルド)、『ししにゃいとおしょうがつ』『スイカワンと きもだめし』(世界文化社)、『じつは よるの ほんだなは』『こんやも バクは ねむらない』『まねきねこ だいさくせん!』『かいじゅう たくはいびん』(講談社)などがある。

「2023年 『かいじゅう たくはいびん すききらいは だめ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

澤野秋文の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×