もうじゅうつかいのムチがなる (講談社の創作絵本シリーズ)

  • 講談社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 50
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061325852

作品紹介・あらすじ

みなさま、たいへんながらくおまたせいたしました。
わがピエピロサーカスがほこる、きせきのもうじゅうつかい、ナップナップのとうじょうです。

ヒュー パチッ ヒュー パチッ

これが、ナップナップのムチのおとです。
いま、このムチのおとは、テントをとびだして、せかいのあちらこちらにひろがっていきました。
さあ、みなさんも、ムチのおとをおいかけて、もうじゅうつかいのたびにでかけましょう--。 

 『だいじょうぶだいじょうぶ』、「おさる」シリーズ等で人気の絵本作家、いとうひろし氏の新作絵本。


※漢字は使用していません

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ナップナップはもうじゅう使い。
    彼はただのもうじゅう使いではありません。
    心のなかのもうじゅうを飼い慣らしてしまいます。
    自分のこころのもうじゅうがあばれ出しそうになったら、彼のむちの音を思いだして。

    自分は心のもうじゅうを飼い慣らしているだろうか。とこどきむしゃくしゃして、やけ食いしたり、だれかに八つ当たりしてしまったり‥
    なかなか飼い慣らせないです。

  • 978-4-06-132585-2 64p 2014・10・20 1刷

  • ピエピロサーカス団の猛獣使い「ナップナップ」の起こす奇跡のお話。

    「ヒュー パチッ ヒュー パチッ」
    ナップナップのムチの音がくせになりそうで、好き。

    自分の心の中の猛獣を上手に飼い慣らそう、という所まで話がいくのに、ちょっと長いかな?
    絵は可愛いけど、色彩はもう少しナントカ・・・好みの問題だけど。

  • とても素敵な猛獣使いです。

  • どんな 猛獣でも 心穏やかにする ムチ…大人的な考えでは そんなムチって 必要?

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

いとうひろし(伊東寛)
1957年、東京に生まれる。早稲田大学教育学部卒業。大学在学中より創作を始め、絵本『みんながおしゃべりはじめるぞ』(童心社)でデビュー。
『シポックさいごのえもの』は、デビューより前に作成した作品である。
主な作品に『ルラルさんのにわ』(絵本にっぽん賞)、『くもくん』(日本絵本賞読者賞)『バンバンバンバンバンソウコウ』(以上ポプラ社)、『おさるのまいにち』『おさるはおさる』(ともに路傍の石幼少年文学賞)、『おさるになるひ』(産経児童出版文化賞、IBBYオナーリスト選出)、『だいじょうぶだいじょうぶ』(講談社出版文化賞受賞)『おさるのもり』(野間児童文芸賞)(以上講談社)、『マンホールからこんにちは』(児童文芸新人賞受賞)『ごきげんなすてご』(以上徳間書店)、『かせいじんのおねがい』(童心社)他多数がある。

「2023年 『シポックさいごのえもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いとうひろしの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×