「心」とは何か―精神生理学からのアプローチ (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061326859

作品紹介・あらすじ

『心』の正体は、いったい何なのか?『心』はどこにあるのか?古くて新しいこの素朴な疑問に、現代科学はどんな解答をするだろうか。脳のメカニズムや機能を研究することで『心』はとらえられるだろうか。ヒポクラテスの昔から、今日に至る研究の足どりを追いながら、人類永遠のテーマともいうべきこの問題を、長年、人間の精神活動を研究対象としてきた著者が、脳と神経系研究の今日の段階を踏まえつつ、精神生理学の手法をも駆使して解明を試みる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自律神経は意思とは関係なく、自律的に働く。そして全身の全ての組織内臓器官を支配している。
    心身症になったとき、なぜある特定の臓器に症状が発生するのか、その器官の機能がその個人の生活にとって特別の意味を持ち、現在の精神か、その中核となっているから、と解釈する。

全1件中 1 - 1件を表示

高橋宏の作品

「心」とは何か―精神生理学からのアプローチ (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする