量子力学の考え方―相対性理論よりおもしろい (ブルーバックス)

制作 : 宮崎 忠 
  • 講談社
3.07
  • (1)
  • (1)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061326934

作品紹介・あらすじ

物理学者たちは、世界の揺るぎない根源を求めて、物質を"切り刻み"、原子、原子核、素粒子へとたどりついた。ところが、この極微の世界に分け入るや、様相はがぜん一変し、確かに見えていた物質世界像は大きく揺らぎはじめたのである。電子は波動であると同時に粒子であり、この粒子は、途中のスクリーンの二つの穴のどちらを通ってこちら側にきたのか判定できないなどという。20世紀の頭脳と言われたディラックに直接量子力学を学んだ著者が、その本質をズバリわかりやすく解説する「計算なき物理学書」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 和図書 421.3/P76
    資料ID 2012200306

  • 今から20年前に読んだ本。まだ、うちの書庫にあった。

  • 本書だけでなく、翻訳のブルーバックスには違和感がある。
    専門書なら、翻訳が悪くても、原書にあたればよいので、
    翻訳の悪さをうんぬんするのは的外れだと思っている。

    ブルーバックスは、専門書ではなく、他の新書と同様、専門書への導入書だと思われます。
    そのため、英語よりもさらに分かりやすくしないと、出す意味がありません。

    しばしばブルーバックスの翻訳ものには疑問を思っていました。

  • 量子力学はやっぱ難しいなぁ。
    極力、数式を使わずに解説していたので、初学者が量子力学をイメージしやすいようにはなっています。
    けど、分野が分野だけにやっぱ難しいわ。

  • 相対性理論とは全く異なる考え方を必要とする量子論、この考えかたを物理学的観点から論じています。気軽に読むにはやや難解か。

全5件中 1 - 5件を表示

量子力学の考え方―相対性理論よりおもしろい (ブルーバックス)のその他の作品

The Quantum World ハードカバー The Quantum World ジョン・ポーキングホーン
The Quantum World (Princeton Science Library) ペーパーバック The Quantum World (Princeton Science Library) ジョン・ポーキングホーン
Quantum World (Penguin Press Science) ペーパーバック Quantum World (Penguin Press Science) ジョン・ポーキングホーン

ジョン・ポーキングホーンの作品

ツイートする