モーターのABC―オモチャから夢のモーターまで (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061327702

作品紹介・あらすじ

モーターというと、工場の動力モーターとひげそり機のモーターしか連想しない人が多い。実は、人間社会のあらゆるところに、さまざまな種類のモーターが利用されているのだ。パソコンのFDD装置やプリンタ、ファクシミリ、オーデイオ・ビデオ機器、数値制御工作機械、ロボツトなどでは、マイコンとトランジスタで制御されたさまざまな種類と形式のモーターが回っており、高度情報化社会は小さなモーターの大群によって支えられている。変貌するモーターの技術を、新しい目で見直そう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 超音波モータの発明が、指田年生さんという日本人であることを知りました。
    図、写真も豊富でわかりやすく、モータの種類も網羅的です。

    固定子(ステータ),回転子(ロータ),巻線が電動機(モータ)の3要素であることが分かる。

    メカトロで使うロータには
    solid steel rotor
    squirrel cage roter
    salient-poled squirrel cage rotor
    semihard steel rotor
    parmanent magnet rotor
    short circuit winding rotor
    salient poled steel rotor
    commutator rotor
    という種類があるとのこと。

    クロスフローファンの写真が目次にあるが、索引には記述がありません。

  • 出身大学の先生が書かれた本。モータについてわかりやすくかかれてます。

    とりあえずグルグル何かを回転運動させたいかたは読んでいいかと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

◆見城 尚志(ケンジョウ タカシ)1940 静岡市に生まれる1964 東北大学工学部修士課程(電子工学)修了、TEAC に入社1965 職業訓練大学校専任講師1971 モータの一般理論で工学博士(東北大学)、1981 職業訓練大学校教授1981-1990 (日本能率協会)小形モータ技術シンポジウム企画委員長2005 日本電産株式会社 モーター基礎研究所 所長2006 同名誉所長を経てTechnical Adviserとして現在に至る。主な著書 Stepping Motors and their Microprocessor Controls, Oxford University Press,1984(共著)Permanent-magnet and Brushless DC motors, 同, 1985Electric Motors and their Controls,同,1991

「2020年 『メカトロニクスのモーター技術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

見城尚志の作品

ツイートする
×