イカはしゃべるし、空も飛ぶ―面白いイカ学入門 (ブルーバックス 791)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061327917

作品紹介・あらすじ

たとえば、イカの墨は身を隠す煙幕と思っている人は多いが、実は墨はイカのダミーなのだ。いわば"分身の術"によってイカは敵の目をそらし、その隙に水ジェットを噴いてさっさと逃げる。また、体色の七変化でもって恋の思いを相手に伝えるし、そのSEXは華麗。トビウオのように空を飛ぶ仲間さえいる-とまあ、身近なイカには私たちが知らない"超能力"がいっぱい。おまけに、その身は良質のタンパク質を含む健康食品だ。日頃、口にするイカも、知って食べればもっと好きになるし、食卓の話題もニギヤカになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4-06-132791-7 c0245P740E.

    ブルーバックスB-791.

    イカはしゃべるし、空も飛ぶ
    面白いイカがく入門

    1989年9月20日 第1刷発行
    1993年10月25日 第7刷発行

    著者:奥谷喬司(おくむら たかし)
    発行所:株式会社講談社

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1931年福岡県生まれ。東京水産大学増殖学科卒業。理学博士。東京水産大学(現・東京海洋大学)名誉教授。水産庁東海区水産研究所を経て、国立科学博物館動物研究部

「2017年 『EX MOVE 深海の生きもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥谷喬司の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×