統計でみた選挙のしくみ: 日本の選挙・世界の選挙 (ブルーバックス 838)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061328389

作品紹介・あらすじ

もし、あなたが選挙予測をみて投票用紙に書く名前を変えたとしたら、選挙結果が変わってしまうかもしれません。しかし、かりにあなたが選挙予測に左右されなかったとしても、選挙制度そのものが不合理なものであれば、合理的な選挙方法で当選すべき人が落選することもありうるのです。現在の日本のような選挙方法で選出された議員は、はたして国民の意見を代表するといえるのでしょうか。民意を正しく反映する選挙は、世界各国で課題とされています。あなたも、選挙制度と選挙予想について考えてみませんか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ″統計学から選挙制度を考察する″というありそうでないアプローチの本です。コンドルセのパラドックスやアラバマのパラドックスの例を持ち出すまでもなく、どういう選挙制度を採用するかで、結果が変わってきますからね。でも、どうして今では絶版になってるのでしょうか?

全1件中 1 - 1件を表示

西平重喜の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×