先をよむ統計学: 情報量規準とは何か (ブルーバックス 855)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061328556

作品紹介・あらすじ

どの馬がどのレースで勝つかなんて、予想できるはずがないと思うでしょう。だがそうではないのです。「情報量規準」さえ知っていれば、過去のデータから自分で計算して予想できるのです。百発百中とはいかないまでも、競馬新聞の予想よりは、よく当たるはずです。「情報量規準」とは、わからないことを予測する最高の道具であり、与えられた情報内で、最も正確度の高い答を導き出すデータ処理の新技法です。しかも、既存の分析法よりも簡単に、より正確な答えを出せるのです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 古い本。AICの導出方法が知りたくて中古で購入。情報量喜寿の丁寧な説明以外は他の統計書の方が良いと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

鈴木義一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×