ことわざの科学―どこまでホント? (ブルーバックス 896)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061328969

作品紹介・あらすじ

生活の知恵が生んだことわざの数々-「雷は高い所に落ちる」、「夕焼けは晴、朝焼けは雨」、「夜目遠目笠のうち」などは、果たしてどこまで正しいのか?日頃なれ親しんだ身のまわりのことわざや言いまわしも、現代科学の目で洗い直してみると、意外や意外、アヤシイことが結構ありそうだ。ウッカリ信じこんで痛い目にあわないための知恵が本書にはイッパイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本から古来伝わっていることわざが、科学的に見てあっているのかどうか、というのを記述している本です。

    【 新書・文庫コーナー 080/BU/896 】

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科教授
1959年群馬県伊勢崎市生まれ
1982年早稲田大学商学部卒業
1991年早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程後期課程単位取得満期退学
国際会計研究学会顧問(元会長),日本会計教育学会副会長,日本内部統制研究学会会長,金融庁企業会計審議会委員(内部統制部会長)

「2022年 『国際会計の軌跡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋本尚の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×