地球の最期: 地球と人類を襲う宇宙的危機 (ブルーバックス 917)

  • 講談社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061329171

作品紹介・あらすじ

小惑星のかけらや彗星は周期的に落ちてくる。人類を減ぼすにはどのくらいの大きさで十分なのだろう。その確率は?太陽は惑星を引き連れ銀河系の中を回っている。宇宙のあらゆるところが今我々のいるところのように穏やかだとは限らない。太陽系が他の恒星に近づきすぎたら、地球は軌道をはずれて引っ張り込まれるかもしれない。近くで超新星爆発が起こったら、大気は吹き飛ばされてしまう。太陽はいつまで安定だろう。今すでに太陽に異常が生じているかもしれない兆候もある。世界の終わり方は一通りではない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 彗星衝突の可能性、原子の安定性、宇宙の寿命などについて簡明に
    まとめた本

全1件中 1 - 1件を表示

フランク・クローズの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×