自分がわかる心理テスト―知らない自分が見えてくる (ブルーバックス)

著者 :
制作 : 桂戴 作 
  • 講談社
3.61
  • (3)
  • (6)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061329218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50046470

  • 1992年発刊。やや古いとは思う。

    心理テストとはいうものの、中身は、精神分析療法から分かれたE.バーンの「交流分析」に基づいたエゴグラムの解説が殆どをしめている。

    中身は、構造分析、エゴグラムからのパターン、ゲーム分析、脚本分析となっている。最後には当時は精神科となっていて、世間の日の目をみていない心療内科の案内などが載っている。

    構造分析の基本を知り、エゴグラムの基本を知るためには平易な本でわかりやすいとは思った。

  • 交流分析を教えている。エゴグラムの解説をする時は、聞いている人が先入観や固定パターンを持たないように気をつけている。本書は243パターンのエゴグラムを解説してくれていて、一つ一つ検討すれることで、エゴグラムの本質を理解できる。大変役立つ本である。

  • 復職支援センターで東大式エゴグラムという心理テストを受けたのをきっかけにエゴグラムについて興味を持ち調べたところ、この本を見つけました。精神分析から生み出された交流分析について書かれた物ですが、非常に分かりやすく書かれています。ちなみにエゴグラムの結果を主治医に診せたところ、認知療法を受けることになりました。この本を読まなければそのままエゴグラムのことを忘れ、認知療法を受けることもなかったと思うと、そういうきっかけを当ててくれた有り難い本でもあります。

  • 心理テストの書籍。といっても血液型診断より確かに、自分の性格が分かります。エゴグラムという診断方法で、ある程度科学的にも証明されています。無料で性格診断をしたい方は、検索サイトで「エゴグラム」と検索すれば、簡易にできます。<BR>ちなみに私が本書で診断した結果、「W型」の苦悩パターンになってしまいました。しかしそんな私でも、弱点のNPとFCを高める方法を本書には載せています。簡単に性格を変えることはできないかもしれませんが常に意識していれば「理想に自分」になれるはず。

全5件中 1 - 5件を表示

芦原睦の作品

ツイートする